ふりがな
ひらがなルビ(るび)
Language
Foreign Language

豊前国分寺三重塔

 

豊前国分寺三重塔

奈良時代、聖武天皇の勅願により全国の国ごとに建てられた国立寺院です。創建当時九州東北部の文化の中心でした。戦国時代末期の兵火で焼失しましたが、江戸時代の元禄年間にほぼ復興。三重塔は明治29年に建立されたものです。
塔の高さは23.5m、九州に3箇所しかない塔です。

 

基本情報

基本情報
名称 豊前国分寺三重塔
指定種 建造物
所有者 みやこ町・豊前国分寺
創建時期 1896年、明治29年
法量 高さ(総高)23.5m
詳細
所在地 福岡県京都郡みやこ町国分279番地1(豊前国分寺跡公園)
営業日  
定休日  
公式サイト ≫みやこ町歴史民俗博物館デジタルミュージアム「三重塔」

 

 

交通アクセス

 

交通アクセス
東九州自動車道「みやこ豊津IC」より、車で約8分
バス JR行橋駅から太陽交通バス(豊津方面行き)で約20分、
「錦町バス停」下車、徒歩約15分
電車 平成筑豊鉄道「新豊津駅」下車、徒歩約30分

 

 

関連リンク

デジタルミュージアム みやこ町の自然や歴史を写真や動画でご紹介
観光ガイドブック

 

みやこ町 歴史民俗博物館
みやこ観光 まちづくり協会

 

 

イラストマップ

 

 

お問い合わせ

部署名:みやこ町役場 歴史民俗博物館

電話番号:0930-33-4666