ふりがな
ひらがなルビ(るび)
Language
Foreign Language

千女房桜

 

千女房桜

 

障子ヶ岳の麓、勝山宮原の山麓でひっそりと花を咲かせてきた千女房桜は、推定樹齢約300年といわれる山桜です。
樹高19メートル、幹周り5.07メートルにもなり、ヤマザクラとしては県内屈指の規模を誇ります。
この桜は、数年前まで地元の一部の人にしか知られていませんでしたが、旧勝山町史編纂に伴う調査で一躍脚光を浴び、現在では春になると町内外から多くの見学者が訪れています。

 

写真で見る

満開時の様子
千女房桜、矢印の看板

千女房桜まつり開催時

 

 

基本情報

基本情報
名称 千女房桜
指定種 福岡県指定文化財(天然記念物)
数量 1本
成立年代 推定樹齢 約300年
法量 樹高19m、幹周り5.07m
特徴 3月下旬~4月上旬ころに、薄紅の花を咲かせます。
詳細
所在地 福岡県京都郡みやこ町勝山宮原
営業日  
定休日  
公式サイト  

 

 

交通アクセス


東九州自動車道「行橋IC」より、車で約25分
(国道201号線「黒田橋交差点」より車で約15分)
バス JR行橋駅から太陽交通バス(田川・香春町方面行き)で約30分、
「黒田橋バス停」下車、徒歩約40分

 

地図
地図(広域)

 

 

お問い合わせ

みやこ町歴史民俗博物館
電話番号:0930-33-4666