本文へジャンプ

みやこ町ホームページ
 
文字を小さく文字を標準文字を大きく
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉から青少年医療費の助成について

青少年医療費の助成について


「子ども医療費」が「青少年医療費」に変更になりました。
(対象者や自己負担金額は変わりません。)

 青少年の医療の一部を助成し、生活基盤の安定化を図るため、平成23年10月1日から、中学生までを対象とした子ども医療費支給制度を高校生世代まで拡大しました。

 青少年が病院にかかった場合、医療費の自己負担分を助成します。
(入院時の食事代、差額ベッド代は対象外です。)



★ 変更のポイント ★
 
  1. 対象者は、中学生から高校生世代(18歳到達後最初の3月31日まで)まで。
  2. 対象者には、青少年医療証を発行します(申請が必要です)。





対象者

助成対象は、次の全ての要件を満たす、青少年を養育している保護者です。
   1.みやこ町の区域内に住所があること
   2.健康保険の被保険者、組合員もしくは加入者または被扶養者であること
   3.生活保護を受けていない保護者であること
   4.就業や婚姻をしていない者であること

その他

☆  医療証が使えない場合
 福岡県外で受診した場合や、他の公費医療の適用がある場合は一度自己負担をしていただき、
後日、領収証・印鑑・振込先の通帳を持って、払い戻しの申請をしてください。
 その際、保険がみやこ町の
国民健康保険でないかたの場合は、保険者が発行する療養費支給証明書が必要となります。
*治療用装具をつくった場合は、上記のほか、「医証」・「見積書」・「請求書」が必要です。

☆ 学校でけがをした場合
 日本スポーツ振興センターの給付が優先となりますので、原則、青少年医療証は使用できません。

概要

 助成の内容は、保険適用医療費の自己負担(3割)を次のとおり軽減します。

概要
助成内容 入院 通院
1医療機関ごとに500円/日までの自己負担。
(ひと月の負担限度額は、1医療機関あたり3,500円です。)
1医療機関ごとに600円/月までの自己負担。
(600円に満たない額のときは、当該自己負担額)
申請に
必要なもの
青少年の保険証及び保護者の印鑑

 

~ 青少年医療費支給制度は「築城飛行場関連再編関連特別事業」の
再編交付金を財源の一部として運営しています ~



【お問い合わせ】
みやこ町役場 保険福祉課
 TEL:0930-32-2516
 


 
 
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355