本文へジャンプ
観光・歴史ページ
 
観光・歴史ページ

現在位置:みやこ町ホームページの中の観光・歴史の中の偉人から里見 義(さとみ ただし) 1824年~1886年
 
デジタルミュージアム
観光ガイドブック
みやこ町歴史民俗博物館
みやこ観光まちづくり協会
イラストマップ

里見 義

文政7(1824)年7月4日、小倉東町に生まれる。明治2(1869)年豊津に育徳館(現在の育徳館高校)が設立され、翌年和学の教授として教鞭をとり、学校が目指した近代的教育の一役を担った。
明治10(1877)年東京で初めて文法書を出版、著作活動を続け明治14(1881)年文部省の音楽取調掛(現在の東京藝術大学音楽部)に採用された。音楽取調掛では、唱歌の歌詞を作詞する適任者として推薦され、伝習生に「作歌」を教え、編集の業務では「小学唱歌」「中等唱歌集」に多くの作詞をした。
明治15(1882)年から17年の間に3篇の「小学唱歌集」が出版され、全国に唱歌が伝えられることになった。第1篇に3曲、第2編に5曲、第3篇に8曲里見義作詞の唱歌が収録されている。
作品には、作詞した曲24曲、著書が9冊ある。「庭の千草」「埴生の宿」「皇御国」「船子」など名作誌が多い。
明治19(1886)年、依願退官、同年8月12日没す。

代表作品

埴生の宿」 
「庭の千草」 
「皇御国」 
「船子」

埴生の宿

            ビショップ作曲
            里見 義 作詞

1.埴生の宿も わが宿
 玉のよそひ うらやまじ
 のどかなりや 春のそら
 花はあるじ 鳥は友
 おーわがやどよ 楽しともたのもしや

2.ふみよむ窓も わがまど
 瑠璃の床も うらやまじ
 きよらなりや 秋の夜は
 月はあるじ むしは友
 おーわが窓よ 楽しともたのもしや


 
庭の千草

            アイルランド民謡
            里見 義 作詞

1.
庭の千草も 虫の音も
 枯れてさびしく なりにけり
 ああ白菊 ああ白菊
 一人おくれて 咲きにけり

2.露にたわむや 菊の花
 しもにおごるや 菊の花
 あああわれあわれ ああ白菊
 人のみさおも かくてこそ
皇御国

             里見 義 作詞

 1.皇御国(すめらみくに)に をのこらは
 たわまずをれぬ こころもて
 世のなりはひを つとめなし
 くにと民(たみ)とを とますべし
船子

              里見 義 作詞

 1.やよふな子 こげ舟を
 こげよこげよ こげよこげよ
 やよふな

 2.しほみちて 風なぎぬ
 こげよこげよ こげよこげよ
 やよふなこ

お問い合わせ
 みやこ町歴史民俗博物館
 TEL:0930-33-4666
 


開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355