本文へジャンプ
観光・歴史ページ
 
観光・歴史ページ

現在位置:みやこ町ホームページの中の観光・歴史の中の偉人から堺 利彦(さかい としひこ) 1870年~1933年
 
デジタルミュージアム
観光ガイドブック
みやこ町歴史民俗博物館
みやこ観光まちづくり協会
イラストマップ

堺 利彦

明治・大正・昭和の三代にわたり社会主義運動の開拓に生涯を捧げた堺 利彦は、日本における社会主義運動の父である。明治36(1903)年11月、幸徳秋水と二人で週刊「平民新聞」を創刊、明治期の初期社会主義時代から昭和のはじめまで一貫して社会主義陣営の中心に位置した。彼の思想の根底は豊津中学校で培われた儒学思想であったが、幸徳秋水等と交わり社会主義の道を求め、一生いばらの道を歩き続けた。

 『母と共に花しほらしの薬草の
       千ぶり摘みし故郷の野よ』

 は、獄中の作と伝えられ、なつかしの故郷と母の思い出をうたったものであった。

明治3(1870)年11月、小笠原藩士の三男として仲津郡大坂村(現みやこ町犀川大坂)で生まれ、間もなく豊津へ移住。裁錦小学校(現豊津小学校)、福岡県立豊津中学校(現育徳館高等学校)を首席で卒業し、第一高等学校(現東京大学教養学部)に入学したが、学費未納で除籍された。福岡日日新聞(現西日本新聞)記者を経て万朝報社に入社。万朝報社記者時代に堺枯川の文名を高めた。
尾崎紅葉、末松謙澄に激賞された出世作の「望郷台」や、「我が幼時」「豊津中学校の新学風」「故山の情話」「白頭の恋」「故郷の青葉」「堺利彦伝」「故郷の無産大衆に訴える」「土蜘蛛旅行」「帰郷雑草」「故郷のあこがれ」等には、熾烈な望郷の思いが綴られている。
堺 利彦記念碑
上:堺 利彦記念碑(みやこ町豊津)
※クリックで周辺地図が確認できます
(外部リンク)
昭和35(1960)年には、堺利彦生誕90周年を記念して「堺利彦顕彰記念碑」が、利彦生家と母校豊津中学校との中間にあたる豊津下本町に建立された。除幕式には鈴木茂三郎・向坂逸郎などの著名人、報道関係者など3,000人が参加し、豊津空前の賑わいを見せた。
また、昭和48(1973)年11月には、記念碑の横に「堺利彦顕彰記念館」が建設され、一生いばらの道を歩き続け、不遇のうちに信念を貫き通した利彦の遺品、遺作が数多く収納された。
平成24年、記念館は老朽化により取り壊されたが、遺品・遺作は、みやこ町歴史民俗博物館に移された。 

主な著書

『望郷台』 『故郷の青葉』 『我が幼時』  『堺利彦伝』  『豊津中学校の新学風』
『故郷の無産大衆に訴える』 
『故山の情話』 『土蜘蛛旅行』  『故郷のあこがれ』
『白頭の恋』 
『帰郷雑草』 など

基本情報
基本情報
文  学 碑所  在 地 みやこ町豊津52-1
営  業 日  
定  休 日  
公式サイト みやこ町歴史民俗博物館デジタルミュージアム
「みやこ町の先人に会う」
   
   

交通アクセス

より大きな地図で 堺利彦 記念碑 を表示

交通アクセス
東九州自動車道「みやこ豊津IC」より、車で約7分
バス JR行橋駅から太陽交通バス(豊津方面行き)で約20分、
「下本町バス停」下車、徒歩約5
電車 平成筑豊鉄道「新豊津駅」下車、徒歩約20

お問い合わせ
 みやこ町歴史民俗博物館
 TEL:0930-33-4666
 


開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355