本文へジャンプ
観光・歴史ページ
 
観光・歴史ページ

現在位置:みやこ町ホームページの中の観光・歴史の中の偉人から葉山 嘉樹(はやま よしき) 1894年~1945年
 
デジタルミュージアム
観光ガイドブック
みやこ町歴史民俗博物館
みやこ観光まちづくり協会
イラストマップ

葉山 嘉樹

葉山歌碑
上:葉山嘉樹 文学碑(みやこ町国作)
※クリックで周辺地図が確認できます
明治27(1894)年豊津村(現みやこ町)で生まれる。大正2(1913)年3月、福岡県立豊津中学校(現育徳館高等学校)を卒業、早稲田大学高等予科に進学するが、学費未納により除籍。その後、名古屋に行き新聞記者をしながら、名古屋労働者協会に加入、各種労働争議を指導した。
大正12(1923)年名古屋共産党事件で検挙、投獄され、その獄中で自己の労働運動体験を作品化し、「海に生くる人々」などを書き上げた。
葉山嘉樹は、日本の代表的なプロレタリア作家である。「淫売婦」「セメント樽の中の手紙」で衝撃的な文壇デビューを飾り、代表作の「海に生くる人々」は、プロレタリア文学に芸術的な完成をもたらしたと高く評価されている。しかし、戦時体制の進行とともに、プロレタリア文学の自由な発表が出来なくなり、生活は困窮していった。
昭和9(1934)年、ついに東京での作家生活が維持出来ず、長野県天竜渓谷の鉄道工事現場に赴く。二度と東京に戻ることなく、信州や木曾の山村で生活苦と戦いながら後期の作品を書き残した。昭和20(1945)年6月、満州開拓団の一員として中国大陸に渡り、同年10月引き上げ列車の中で病没した。昭和52(1977)年、八景山自然公園中腹の文学碑公園に文学碑が建立された。

主な著書

『海に生くる人々』 『誰が殺したか』  『屋根のないバラック』  『セメント樽の中の手紙』 
『淫売婦』     『死屍を食う男』    『凡父子』 など
★赤色の文字の著書・・・豊津に取材した小説。豊津関連の郷土作品。

基本情報
基本情報
文  学 碑所  在 地 みやこ町国作1379-2(八景山自然公園中腹 文学碑公園)
営  業 日  
定  休 日  
公式サイト みやこ町歴史民俗博物館デジタルミュージアム
「みやこ町の先人に会う」
   
   

交通アクセス

より大きな地図で 葉山嘉樹 文学碑 を表示

交通アクセス
東九州自動車道「みやこ豊津IC」より、車で約5分
バス JR行橋駅から太陽交通バス(豊津方面行き)で約15分、
「長養団地入口バス停」下車、徒歩約5
電車 平成筑豊鉄道「新豊津駅」下車、徒歩約20

お問い合わせ
 みやこ町歴史民俗博物館
 TEL:0930-33-4666
 


開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355