ふりがな
ひらがなルビ(るび)
Language
Foreign Language

不妊治療費助成制度について

 

みやこ町に居住しているかたの不妊治療の経済的負担の軽減を図るため治療費の一部を助成します。
福岡県が不妊治療費の助成を支給決定したものに対して、みやこ町の規定に添って上乗せ助成をします。

 

特定不妊治療保険適用に伴う令和4年度の経過措置について

 

令和4年度4月から特定不妊治療が保険適用になることに伴い、現行の不妊治療費助成制度は令和3年度で終了となります。

ただし、令和4年度においては、保険適用への移行期間として、「年度をまたぐ1回の治療」に対する不妊治療費助成制度(経過措置)を実施します。

 

令和4年度助成制度(経過措置)

 

(1)国の方針  厚生労働省令和3年度補正予算資料抜粋(881.2KB)pdf

(2)現行制度からの主な変更点

(ア)対象者:現行の不妊治療費助成制度による対象者のうち、治療期間が年度をまたぐもの

・1回の治療の開始が令和4年3月31日以前であり、終了が令和4年4月1日から令和5年3月31日までの治療

(イ)助成回数:1回のみ(現行の不妊治療費助成制度による上限回数を超える場合は対象外)

上記以外の制度内容(助成金額等)は、現行の不妊治療費助成制度の内容が引き継がれます。

(3)申請期限

   令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

(参考)令和3年度の申請期限

    令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に終了した治療 → 令和4年6月30日まで

 

対象者

 

申請日現在において、次の全てに該当するかたが対象となります。

 

 

 

対象となる治療費

 


※直接、治療に関係のない費用を除きます。
例えば、受精胚の管理料、入院費、食事療養標準負担額(入院時の食事代)など

 

 

助成額

 

 
※特定不妊治療に係る費用から県からの助成金等を控除した治療費について助成します。

 

 

助成回数

 

★治療開始時の妻の年齢が40歳未満のかた
 43歳になるまでに通算6回まで

★治療開始時の妻の年齢が40歳以上43歳未満のかた
 43歳になるまでに通算3回まで

※他の市町村(政令市、中核市を除く)で助成を受けている場合は、助成を受けたものとみなします。

 

 

必要書類

必要書類
書類名 備考

-

  • 福岡県不妊治療費助成承認決定通知書の写し
福岡県から支給決定を受けたときの通知書です。
治療を受けた指定医療機関の証明が必要です。
  • 治療費の領収書の写し
領収書の原本をご持参ください。
確認のうえ健康づくり課でコピーします。

 

 

申請期限

 

お問い合わせ

部署名:みやこ町役場 子育て・健康支援課

電話番号:0930-32-2725

メールアドレス:kosodate@town.miyako.lg.jp