早めの避難に約立てよう


祓川、今川、長峡川では、はん濫の危険度などを示す水位が定められています。河川の水位情報に注意して、早めの避難に役立てましょう。

河川の水位について

土砂災害の種類
 
急傾斜地崩壊危険箇所

がけ崩れは、急な斜面で突発的に起こります。瞬時に崩れ落ちるため、避難が遅れがちになります。
土石流危険渓流

土石流は谷筋で起きます。土砂などが水といっしょに流れ下り、速度が速く大きな破壊力を持っています。
地すべり危険箇所

石流は谷筋で起きます。土砂などが水といっしょに流れ下り、速度が速く大きな破壊力を持っています。


このような前ぶれに注意!

・がけからの水が濁ります。
・がけに亀裂が入ります。
・小石がパラパラ落ちてきます。
・斜面がふくらんできます。
・雨水が斜面を流れて溝ができ
 ます。
・山鳴りがします。
・雨が降り続いているのに川の
  水位が下がります。
・川の流れが濁ったり流木が混
  ざり始めます。
・地面にひび割れができます。
・沢や井戸の水が濁ります。
・斜面から水がふき出します。

早めの避難と日頃の備え

日頃から地域を知り、早めの避難を心がけることが命を守ります。
避難所の確認や安全な避難路の確保など、いざというときに備えましょう。



 前のページへ戻る