本文へジャンプ
観光・歴史ページ
 
観光・歴史ページ

現在位置:みやこ町ホームページの中の観光・歴史の中の偉人から吉田 健作(よしだ けんさく) 1852年~1892年
 
デジタルミュージアム
観光ガイドブック
みやこ町歴史民俗博物館
みやこ観光まちづくり協会
イラストマップ

吉田 健作

吉田 健作の墓(みやこ町勝山上田)
右上:健作の墓(みやこ町勝山上田)
※クリックで周辺地図が確認できます
(外部リンク)

吉田健作は、みやこ町出身の官吏・技術者で、日本の近代製麻業の創始に貢献した人物。
嘉永5年(1852)、豊前国京都郡上田村(現みやこ町勝山上田)に生まれる。村上仏山の漢学塾・水哉園で学んだ後、小倉県の職員となる。しかし、日本の近代化、発展のため、殖産興業に貢献したいという強い思いがあった健作は、県職員を退職して上京、内務省に入る。
殖産指導の技術者となった健作は、フランスへ渡り製麻技術を学び、帰国後は産業
視察のために全国をまわり、製麻業創立を企画。明治19年(1886)に近江製絲紡織会社、明治23年(1890)には北海道製麻会社や下野麻紡織会社の設立にかかわり日本の製麻業を育てた。当時の日本にとって麻布は必要不可欠なもので、製麻業の発展にはとても重い意味があった。明治25年(1892)没。41歳の若さであった。
弟の吉田学軒は漢学者で、元号「昭和」を創案した人物として広く知られている。明治27年2月、滋賀県大津市の園城寺境内に吉田 健作の顕彰碑が建立された。顕彰碑には「近江麻糸紡織場の創立等、わが国紡績業の先駆者吉田健作の顕彰碑」と刻まれている。
また、故郷みやこ町勝山上田には、吉田健作の墓がある。

基本情報
基本情報
所  在 地 みやこ町勝山上田
営  業 日  
定  休 日  
公式サイト みやこ町歴史民俗博物館デジタルミュージアム
「みやこ町の先人に会う」
   
   

交通アクセス

より大きな地図で 吉田健作 墓 を表示

交通アクセス
東九州自動車道「行橋IC」より、車で約7分
バス JR行橋駅から太陽交通バス(田川・香春町方面行き)で約30分、
「新勝山バス停」下車、徒歩約15

お問い合わせ
 みやこ町歴史民俗博物館
 TEL:0930-33-4666
 


開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355