○みやこ町児童遊園条例施行規則

平成28年5月25日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町児童遊園条例(平成18年みやこ町条例第125号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置の条件)

第2条 児童遊園の設置の条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 区の自治組織が、維持管理を行うこと。

(2) みやこ町内の土地であること。

(3) 近隣に遊び場がなく、かつ、既存の児童遊園又は公園からおおむね200メートル以上離れていること。

(4) 面積は、330平方メートル程度であること。

(5) 自動車等の乗り入れがないこと。

(6) 借地の場合は、土地所有者の承諾が得られていること。

(7) 設置する予定の児童遊園に隣接する土地の所有者の同意が得られていること。

(8) 境界の確定、私権その他工事に支障となる事項がないこと。

(設置申請の手続)

第3条 児童遊園の設置を希望する駐在員(みやこ町駐在員等の設置条例(平成18年みやこ町条例第8号)第2条に規定する駐在員をいう。以下同じ。)は、児童遊園設置申請書(様式第1号)及び児童遊園設置同意書(様式第2号)に、次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 案内図

(2) 公図の写し

(3) 土地の現況を撮影した写真

(4) 土地の登記簿謄本

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

(設置の決定)

第4条 町長は、前条の規定による申請があった場合は、現地を調査し、適当と認めたときは、児童遊園を設置する。

(設置決定の通知)

第5条 町長は、前条の規定により設置を決定したときは、児童遊園設置決定書(様式第3号)により、その旨を駐在員に通知するものとする。

(施設の整備)

第6条 町長は、予算の範囲内において整地し、又は外柵その他の必要な施設を整備するものとする。

2 前項の規定により、遊具等の増設、修理、撤去等の必要が生じた場合は、駐在員は、関係書類を添えて児童遊園遊具等増設・修理・撤去申請書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

3 遊具等の増設、修理、撤去等は、町長が行うものとする。

(管理)

第7条 町長は、駐在員に児童遊園の適切な管理を行わせるものとする。

2 駐在員は、児童遊園を善良な管理者の注意をもって保全し、良好な状態で利用できるように努めなければならない。

3 駐在員は、遊具等に破損又は異常を発見した場合には、速やかに町長に報告するものとする。

(児童遊園の廃止)

第8条 駐在員は、土地所有者の都合等によりやむを得ず児童遊園を廃止する場合は、児童遊園廃止届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、土地を返還する場合は、土地返還決定書(様式第6号)により所有者に通知し、原状に復する等の措置を行うものとする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町児童遊園条例施行規則

平成28年5月25日 規則第21号

(平成28年5月25日施行)