○みやこ町里帰り乳幼児健康診査費用の助成に関する要綱

平成27年2月13日

告示第12号

(目的)

第1条 この告示は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条の規定に基づき、里帰り等により町が実施する乳幼児健康診査(以下「健康診査」という。)を受けられない者に対し、その費用を助成することにより、乳児又は幼児の健康の保持及び増進を図ること目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、健康診査を受けた日において本町の住民基本台帳に記録されている次の各号のいずれかに掲げる者とする。ただし、受診の機会を逃した者に対して、町が必要と認める場合は、この限りでない。

(1) 満4月を超え満7月に達しない乳児

(2) 満7月を超え満1歳に達しない乳児

(3) 満1歳6月を超え満2歳に達しない幼児

(4) 満3歳を超え満4歳に達しない幼児

(対象となる健康診査の項目等)

第3条 助成の対象となる健康診査の項目は、前条に規定する者が里帰り等を理由に医療機関等において保険外診療で健診料を支払って受診した健康診査のうち、次に掲げる項目とする。

(1) 身体測定(身長、体重及び頭囲)

(2) 医師診察

(3) 栄養指導

(4) 発達相談又は育児相談

(5) 歯科検診

2 前項第5号の歯科検診については、前条第3号及び第4号に該当する者のみに実施する。

(助成金の額等)

第4条 助成金の額は1回につき前条第1項各号に掲げる項目の検査にかかった費用の全額とし、助成回数は対象月年齢につき1回とする。

(助成金の申請方法)

第5条 助成金の申請は、保護者(町内に住所を有する親権を行う者、未成年後見人その他の者で、乳幼児を現に監護するものをいう。以下同じ。)が行うものとする。

2 健康診査に係る費用は、受診した者の保護者が全額支払うものとする。

3 健康診査を受診した者の保護者は、乳幼児健康診査助成金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添付して、受診日から1年以内に助成金の申請を行うものとする。

(1) 健康診査に係る領収書

(2) 母子健康手帳の写し

(3) 通帳の写し

(4) その他町長が必要と認めた書類

(助成金の交付決定)

第6条 町は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは乳幼児健康診査助成金交付決定通知書(様式第2号)により、不適当と認めるときは乳幼児健康診査助成金交付却下通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(助成金の請求)

第7条 助成金の交付決定を受けた者は、乳幼児健康診査助成金交付請求書(様式第4号)により助成金の請求をするものとする。

2 町は、請求を受けた日から30日以内に、助成金を支払うものとする。

(助成金の返還)

第8条 助成金の交付決定を受けた者が虚偽の申請その他不正な行為により助成金の交付を受けた場合は、助成金の交付決定を取り消し、又は既に助成金が交付されているときは、その全部若しくは一部を返還させることができる。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

みやこ町里帰り乳幼児健康診査費用の助成に関する要綱

平成27年2月13日 告示第12号

(平成27年2月13日施行)