○みやこ町インフルエンザ予防接種実施要綱

平成26年10月1日

告示第64号

(趣旨)

第1条 この告示は、インフルエンザの発病又は重症化を防止し、併せてこれによりインフルエンザまん延の防止に資することを目的として、町が実施するインフルエンザ予防接種(以下「予防接種」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 予防接種の対象者は、みやこ町内に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第5条に規定する住民基本台帳に記録されている者であって、次の各号のいずれかに該当し、かつ、予防接種を希望するものとする。

(1) 予防接種日において生後6月に到達した日から18歳となる日の属する年度の末日までの間にある者

(2) 予防接種日において母子保健法(昭和40年法律第141号)第15条の規定により妊娠の届出をした者

(実施期間)

第3条 予防接種の実施期間は、毎年10月1日から翌年2月末日までとする。

(接種回数)

第4条 接種回数は、毎年度1人1回とする。ただし、予防接種日において12歳までの者については、毎年度1人2回とする。

(実施場所)

第5条 予防接種は、町と委託契約を締結した医療機関(以下「受託医療機関」という。)で実施するものとする。ただし、やむを得ない理由により受託医療機関で接種できない者については、この限りでない。

(費用の負担等)

第6条 予防接種を受けた者(以下「被接種者」という。)は、予防接種に要する費用に対する負担額(以下「自己負担額」という。)を受託医療機関に支払わなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する被接種者は、自己負担額を免除することができる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項に規定する被保護者

(2) その他町長が特に認める者

2 自己負担額は、1人当たり1,100円とする。ただし、被接種者がやむを得ない理由により受託医療機関以外で接種し、予防接種に要する費用がみやこ町が別に定める基準を超えた場合は、この限りではない。

(接種費用の補助)

第7条 町は、予防接種に要する費用を補助するため受託医療機関に委託料を支払うものとする。

2 被接種者がやむを得ない理由により受託医療機関以外の医療機関で接種した場合は、当該被接種者は、インフルエンザ予防接種補助金交付申請書兼請求書(別記様式)に領収書及び添付書類を添えて、町長に補助金交付の申請及び請求をしなければならない。

(予防接種による健康被害の救済に関する措置)

第8条 町長は、被接種者が予防接種を受けたことにより疾病にかかり、障害の状態となり、又は死亡した場合においては、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法(平成14年法律第192号)及びみやこ町予防接種事故災害補償規程(平成18年みやこ町告示第55号)に基づいて対処するものとする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定めるものとする。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年10月23日告示第67号)

この告示は、公表の日から施行し、改正後のみやこ町インフルエンザ予防接種実施要綱の規定は、平成27年10月1日から適用する。

画像

みやこ町インフルエンザ予防接種実施要綱

平成26年10月1日 告示第64号

(平成27年10月23日施行)