○みやこ町徘徊高齢者等SOSネットワーク事業実施要綱

平成26年8月13日

告示第55号

(趣旨)

第1条 この告示は、徘徊のおそれのある高齢者等(以下「徘徊高齢者等」という。)が行方不明となった場合に、地域の支援を得て早期に発見できるようみやこ町徘徊高齢者等SOSネットワーク(以下「ネットワーク」という。)を構築し、徘徊高齢者等の安全の確保及びその家族等への支援を図るための事業(以下「SOSネットワーク事業」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(業務)

第2条 ネットワークは、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 徘徊高齢者等の把握

(2) 関係機関等による緊急連絡体制及び支援体制の構築

(3) 地域における徘徊高齢者等とその家族等への支援

(4) SOSネットワーク事業の普及啓発

(事業の運用)

第3条 SOSネットワーク事業の事務局は、みやこ町保険福祉課(以下「保険福祉課」という。)に置くものとする。

2 保険福祉課は、SOSネットワーク事業の運営に当たっては、SOSネットワーク事業及びネットワークの円滑な実施及び運用のため、関係機関等との情報の共有、連絡体制の調整等を行うものとする。

(事前登録制)

第4条 SOSネットワーク事業を利用できる徘徊高齢者等は、その利用について事前に登録した者(以下「登録者」という。)及びその家族等とする。

2 事前登録は、みやこ町徘徊SOSネットワーク事業登録票(様式は別に定める。以下「登録票」という。)を保険福祉課に提出することにより行うものとする。

3 登録票の提出は、介護支援専門員等を経由して行うことができる。

4 保険福祉課は、事前登録により知り得た情報を行橋警察署と共有するものとする。ただし、共有できる情報は、登録者又はその家族等から同意を得られたものに限る。

5 保険福祉課は、登録者の氏名について、見守りのため、民生委員児童委員及び駐在員に伝達することができるものとする。ただし、登録者又はその家族等から同意を得られたものに限る。

(登録の変更等)

第5条 登録者の登録内容を変更し、又は抹消しようとするときは、速やかに保険福祉課に申し出るものとする。

2 前項の規定による申出は、介護支援専門員等を経由して行うことができる。

(支援の要請等)

第6条 保険福祉課は、登録者が行方不明となり、その家族等から行橋警察署に捜索願が提出された場合に、行橋警察署からの支援の要請を受けて、関係機関等と協力して、情報提供その他捜索の支援を行うものとする。

2 前項に規定する支援要請は、みやこ町徘徊SOSネットワーク事業支援要請書(様式は別に定める。)により行うものとする。

3 保険福祉課は、支援要請を受けた場合には、みやこ町徘徊SOSネットワーク事業支援情報票(様式は別に定める。)により、関係機関等に行方不明となった登録者の情報を伝達するものとする。

4 保険福祉課は、行方不明となった登録者の発見等により、支援要請が終了した場合には、前項の規定により情報を伝達した関係機関等に対し、当該情報票により終結報告を行うものとする。

5 登録者でない徘徊高齢者等が行方不明となった場合においても、前各項の規定を準用し、登録者と同様に対応することができるものとする。

(身元不明者保護等の対応)

第7条 保険福祉課は、行橋警察署から身元不明の徘徊高齢者等を保護した旨の連絡を受けた場合には、登録票により身元の確認を行い、必要な措置を講ずるものとする。

(個人情報の保護義務)

第8条 SOSネットワーク事業に関わる者は、業務を遂行するに当たり、徘徊高齢者等の個人情報の保護に万全を期するとともに、みやこ町個人情報保護条例(平成18年みやこ町条例第11号)及びみやこ町個人情報保護条例施行規則(平成18年みやこ町規則第15号)を遵守しなければならない。

2 SOSネットワーク事業に関わる者は、知り得た情報を他の目的に利用し、又は第三者に提供してはならない。

3 前2項の規定は、SOSネットワーク事業に関わる者がその職を退いた後も、同様とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、SOSネットワーク事業の運営及び実施に関して必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成29年3月24日告示第13号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

みやこ町徘徊高齢者等SOSネットワーク事業実施要綱

平成26年8月13日 告示第55号

(平成29年4月1日施行)