○みやこ町放課後児童健全育成事業実施要綱

平成26年5月15日

告示第29号

(趣旨)

第1条 この告示は、みやこ町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年みやこ町条例第26号。)に基づき、放課後児童健全育成事業を実施するに当たり、みやこ町放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(定員及び開所時間)

第2条 児童クラブの定員及び開所時間は、別表のとおりとする。ただし、町長は、児童クラブの対象となる者(以下「児童」という。)の保育が特に必要であり、かつ児童クラブの事業に著しい支障が生じないと認めるときは、定員を超えて入所させることができる。

(入退所手続)

第3条 児童クラブを利用しようとする児童の保護者(以下「保護者」という。)は、児童クラブ利用申請書(様式第1号。以下「利用申請書」という。)に、児童の保護をする者がいないことを証明する書類を添付し、町長に提出しなければならない。

2 前項の利用申請書が提出されたときは、町長は、必要な調査を行い、児童クラブの利用の可否を決定して、その結果を放課後児童クラブ入所承諾書(様式第2号)又は放課後児童クラブ入所不承諾書(様式第3号)により保護者に通知するものとする。

3 保護者は、児童クラブの利用を中止しようとするときは、放課後児童クラブ利用中止届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

4 町長は、児童クラブを利用している児童(以下「利用者」という。)の保育の実施理由が消滅したことによって、保育の実施を解除した場合は、保護者に放課後児童クラブ実施解除通知書(様式第5号)により通知するものとする。

5 町長は、第2項の規定による利用の決定に際して、児童クラブの運営上又は児童の安全上必要な条件を付することができる。

(保育料の減免基準)

第4条 みやこ町放課後児童健全育成事業実施規則(平成27年みやこ町規則第4号。以下「規則」という。)第11条の規定により保育料を減額し、又は免除する基準及び割合は、次に定めるとおりとする。ただし、保育料を減額し、又は免除する基準及び割合は、重複して適用しない。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯 全額免除

(2) 母子及び寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)に規定する配偶者のない女子で現に児童を扶養しているものの世帯及びこれに準ずる父子家庭の世帯 半額免除

(3) 地方税法(昭和25年法律第226号)に規定する市町村民税が非課税である世帯(以下「市町村民税非課税世帯」という。) 半額免除

2 保育料の減免は、入所前に減免申請された場合は入所日から適用し、入所後に減免申請された場合は申請日の属する月の翌月初日から適用するものとする。

3 市町村民税非課税世帯の保育料の減免は、当該年度の4月から8月までは前年度分の市町村民税を、9月から翌年3月までは当該年度分の市町村民税を基に決定するものとする。

(保育料の減免届)

第5条 規則第11条の規定する保育料の減免を受けようとする者は、放課後児童クラブ保育料減免関係(発生、変更、消滅)届(様式第6号。以下「減免関係届」という。)に理由を明らかにする書類を添えて、町長に提出しなければならない。

2 前項の規定により、保育料の減免を受けている者は、減免理由に変更又は消滅の事由が発生した場合は、速やかに減免関係届を町長に提出しなければならない。

(減免の変更又は取消し)

第6条 保育料の減免を受けている者が明らかに減免の理由に変更又は消滅の事由が発生しており、第5条第2項の規定による減免関係届の提出がない場合は、町長は、職権で規則第9条に規定する保護者負担金(以下「保護者負担金」という。)額の変更を行い、当該変更を行った日の前日までの間に減免により支払を免れた額を徴収することができる。

2 町長は、偽りその他不正な行為により減免を受けた者があるときは、当該減免を取り消し、当該取消しの日の前日までの間に減免により支払を免れた額を徴収することができる。

(傷害保険料)

第7条 入所児童の傷害その他事故等に係る傷害保険は、児童クラブとして一括加入し、その保険料は、保護者の負担とし、児童1人当たり月額150円を徴収する。

(おやつ代)

第8条 保護者は、おやつ代として、児童1人当たり月額2,000円を負担するものとする。

(保護者負担金の決定、変更)

第9条 町長は、保護者負担金を決定した場合は、放課後児童クラブ保護者負担金額決定通知書(様式第7号)により、利用者の保護者及び扶養義務者に通知するものとする。

2 町長は、保護者負担金額を変更する場合は、放課後児童クラブ保護者負担金額変更通知書(様式第8号)により、利用者の保護者及び扶養義務者に通知するものとする。

(過誤納金の充当)

第10条 既に納付された保護者負担金において過誤納が生じた場合で、納期到来分の保護者負担金に未納があるときは、当該者の同意を得て当該保護者負担金に充当することができる。

(指導員の業務)

第11条 指導員は、次の業務を行うものとする。

(1) 児童クラブ内での児童の生活指導及び屋内外での遊びの管理

(2) 児童の出欠確認及び事故防止並びに児童クラブの室内の管理運営

(3) 指導の経過を記録するための日誌その他必要な書類の作成及び保管

(4) 児童の入退所に関する事務

(5) その他児童クラブの運営に関する事項

(備付台帳)

第12条 各児童クラブは、次の台帳を備えなければならない。

(1) 児童台帳

(2) 指導日誌

(3) 出席簿

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める書類

(委任)

第13条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年4月1日告示第25号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日告示第40号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月29日告示第56号)

この告示は、平成29年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

定員

開所時間

豊津児童クラブ

80人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後7時まで

2 土曜日 午前7時30分から午後7時まで

3 学校休業日 午前7時30分から午後7時まで

みやこ町特学児童クラブ

10人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後7時まで

2 土曜日 午前7時30分から午後7時まで

3 学校休業日 午前7時30分から午後7時まで

犀川児童クラブ

80人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後7時まで

2 土曜日 午前7時30分から午後7時まで

3 学校休業日 午前7時30分から午後7時まで

城井保育園児童クラブ

10人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後6時まで

2 土曜日 午前8時から午後6時まで

3 学校休業日 午前8時から午後6時まで

勝山児童クラブ

40人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後7時まで

2 土曜日 午前7時30分から午後7時まで

3 学校休業日 午前7時30分から午後7時まで

太陽の森児童クラブ

40人

1 月曜日から金曜日まで 放課後から午後7時まで

2 土曜日 午前7時30分から午後7時まで

3 学校休業日 午前7時30分から午後7時まで

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町放課後児童健全育成事業実施要綱

平成26年5月15日 告示第29号

(平成29年10月1日施行)