○みやこ町放課後児童健全育成事業実施規則

平成26年5月22日

規則第10号

(趣旨)

第1条 みやこ町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年みやこ町条例第26号)に基づき、放課後児童健全育成事業を実施するにあたり、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町長は、前条の目的を達成するため、みやこ町放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)を設置するものとする。

(名称及び位置)

第3条 児童クラブの名称及び位置は、別表のとおりとする。

(実施主体)

第4条 児童クラブの実施主体は、みやこ町とする。ただし、町は、利用の可否及び事業実施日等の決定を除き、児童クラブの実施を、適切な事業運営が確保できると認められる機関に委託することができる。

2 町長は、前項の規定により児童クラブの事業を委託するときは、毎年度事業実施に係る委託契約を締結するものとし、その運営に要する経費を予算の範囲で委託料として支払うものとする。

(対象児童)

第5条 児童クラブの対象となる児童は、次に掲げる要件のうち2つ以上に該当する者とする。

(1) 町内の小学校の1年生から6年生までの児童であること。

(2) 保護者の労働、疾病等の理由により放課後児童健全育成上の適切な監護を受けられない児童であること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める家庭の児童であること。

(休所日)

第6条 児童クラブの休所日は、次に掲げるとおりとする。ただし、町長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 8月13日から8月15日まで

(4) 12月29日から翌年1月3日まで

(開所時間)

第7条 児童クラブの実施時間(以下「実施時間」という。)は、原則として次に定める範囲内とする。

(1) 学校の授業のある日は、放課後から午後7時までとする。

(2) みやこ町立学校管理規則(平成18年みやこ町教育委員会規則第13号)第3条に規定する日は、午前7時30分から午後7時までとする。

2 第3条に定める各児童クラブの開所時間(以下「開所時間」という。)は、前項の実施時間の範囲内で、別に定める。

3 前2項の規定にかかわらず、町長が特に必要と認めるときは、実施時間及び開所時間を変更することができる。

(入所及び退所)

第8条 保護者は、児童を児童クラブに入所させようとするときは、町長の許可を受けなければならない。

2 保護者は、児童クラブを利用している児童(以下「利用者」という。)を退所させようとするときは、その旨を町長に届け出なければならない。

(保護者負担金)

第9条 町長は、児童クラブを運営するため、保育料その他必要な負担金(以下「保護者負担金」という。)を決定し、利用者の保護者から徴収する。

(保育料)

第10条 前条に規定する保護者負担金のうち、保育料の額は、利用者1人につき月額3,000円とする。

2 同一の保護者に監護され、かつ、生計を同じくする児童が2人以上、児童クラブの利用者となっている場合において、次の各号に定める額をその利用者の保育料とする。

(1) 該当する利用者のうち最年長の者 3,000円

(2) 前号以外の該当する利用者のうち最年長の者 1,500円

(3) 前各号以外の該当する利用者 0円

(保育料の減免)

第11条 町長は、特に必要があると認めたときは、前条に規定する保育料の額を減額し、又は免除することができる。

(督促)

第12条 町長は、利用者の保護者が納期限までに保護者負担金を完納しないときは、納期限後20日以内に、期限を指定して督促しなければならない。

2 前項の規定により督促状に指定する期限は、督促状を発する日から起算して10日を経過した日とする。

(保護者負担金の強制執行等)

第13条 町長は、前条第1項の規定による督促を受けた者が、同項の期限までに当該督促に係る保護者負担金を完納しないときは、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第171条の2の規定により必要な措置をとらなければならない。

(保護者負担金の不還付)

第14条 既に納付した保護者負担金は、還付しない。ただし、町長は、特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(入所の取消し)

第15条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入所の許可を取り消すことができる。

(1) 第5条各号のいずれかに該当しなくなったとき。

(2) 入所の許可を受けたときの申請内容に偽りがあったとき。

(3) 正当な理由がなくおおむね30日間にわたり児童が通所しないとき。

(4) 保護者がこの規則又は町長が別に定めるものの規定に従わないとき。

(5) 保護者負担金等の経費が支払われないとき。

(6) 前各号に掲げるもののほか、児童クラブの運営上著しい支障が生じたとき。

(傷病に伴う費用の負担)

第16条 児童クラブにおける生活指導期間中に、利用者が傷病のため医師の治療を受けた場合は、治療費及び搬送に伴う交通費は、保護者の負担とする。

(個人情報の保護)

第17条 児童クラブの業務に従事する者は、みやこ町個人情報保護条例(平成18年みやこ町条例第11号)に定める個人情報を取り扱うときは、当該個人情報の漏えい、滅失及び毀損の防止その他個人情報の適正な管理のために必要な措置を講じなければならない。

(その他)

第18条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月12日規則第4号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

名称

位置

豊津児童クラブ

みやこ町豊津2174番地1

みやこ町特学児童クラブ

みやこ町豊津2174番地1

犀川児童クラブ

みやこ町犀川本庄644番地

城井保育園児童クラブ

みやこ町犀川木井馬場1996番地

勝山児童クラブ

みやこ町勝山大久保3224番地1

太陽の森児童クラブ

みやこ町勝山黒田849番地

みやこ町放課後児童健全育成事業実施規則

平成26年5月22日 規則第10号

(平成27年4月1日施行)