○みやこ町農業者育成施設条例施行規則

平成25年9月18日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町農業者育成施設条例(平成24年みやこ町条例第25号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき、みやこ町農業育成施設(以下「育成施設」という。)の利用に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用対象者)

第2条 育成施設を利用できる者は、みやこ町に住所を有する者で、みやこ町新規就農研修、離職者就業・就農研修その他農業分野における研修を修了し、みやこ町で就農を希望するもの及び町内直売所等への出荷者で農業経営の規模拡大を図ろうとするものとする。

(利用の申請)

第3条 条例第4条第1項に規定する育成施設の利用許可を受けようとする者は、みやこ町農業者育成施設利用(変更)申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。また、許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

(利用者の選考)

第4条 町長は、前条の規定により利用許可の申請した者のうちから、育成施設の利用を許可する者を決定する場合は、みやこ町農業振興連絡協議会(以下「連絡協議会」という。)において選考するものとする。

(利用許可)

第5条 町長は、連絡協議会の選考を経て育成施設を利用できる者を決定したときは、みやこ町農業者育成施設利用許可書(様式第2号)により通知するものとする。

(利用期間)

第6条 育成施設の利用期間は、原則として3年とする。ただし、新たに利用申請する者がいない場合は、継続して5年を限度として利用することができる。

(利用許可契約の締結)

第7条 前条の申請について許可したときは、みやこ町農業者育成施設利用契約書(様式第3号)の締結を行うものとする。

(利用許可の取消し)

第8条 町長は、条例第7条第1項の規定により利用許可を取り消したときは、取消しの対象になった利用者に対しみやこ町利用許可取消通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(使用料の納付)

第9条 利用者は、使用料を毎月初めに所定の用紙により納付しなければならない。ただし、1年間分を一括納付することができる。

(維持管理の経費負担)

第10条 施設の修繕等は、町長及び利用者の協議の上決定するものとする。

2 利用者は、農業経営に係る光熱水費及び地元水利費等を全額負担するものとする。

(その他)

第11条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像画像

画像

みやこ町農業者育成施設条例施行規則

平成25年9月18日 規則第22号

(平成25年9月18日施行)