○みやこ町ゆめづくり事業補助金審査要領

平成25年4月1日

訓令第9号

(趣旨)

第1条 この訓令は、みやこ町ゆめづくり事業補助金の交付に関し、みやこ町ゆめづくり事業審査会(以下「審査会」という。)が実施する審査について必要な事項を定めるものとする。

(審査の方法)

第2条 審査は、みやこ町ゆめづくり事業補助金交付申請書及び関係書類並びに申請団体のプレゼンテーションに基づいて行うものとする。

2 プレゼンテーションの日時及び場所は、審査会の指定による。

(審査の項目)

第3条 審査項目は、次のとおりとする。

(1) 公益性

 地域の課題を的確に捉え、その解決に結びつく事業であること。

 申請団体の構成員又は特定の人が対象となる事業ではないこと。

 町民の共感を得ることができる事業であること。

(2) 発展性及び波及効果

 目的に即した事業内容であること。

 活動の継続性及び発展性並びに他の地域への広がりが期待できる事業であること。

 将来的に補助金に頼らず、自立しようとするビジョンがあること。

(3) 団体の適正並びに計画及び費用の妥当性

 団体の体制が整備されていること。

 活動内容に団体の特徴をいかした工夫があること。

 事業計画及びスケジュールが実現可能であること。

 活動に見合った経費の見積りとなっていること。

(審査の評価)

第4条 審査は、次に掲げる採点基準により、前条に規定する審査基準ごとに5段階評価とし、1人50点満点により評価を行う。

高く評価できる 5点

評価できる 4点

普通程度である 3点

あまり評価できない 2点

ほとんど評価できない 1点

2 各審査員が採点した点数を申請団体ごとに相加平均し(小数点以下切捨て)、その平均点を各申請団体の持ち点とする。持ち点に応じた補助率は、別表のとおりとする。

(審査結果の報告)

第5条 審査会は、審査結果に各事業に付された審査員の意見を添えて町長に報告しなければならない。

(その他)

第6条 この訓令に定めるもののほか、申請団体のプレゼンテーションの審査実施に当たっての詳細は、審査会において決定する。

附 則

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

点数

補助率

41〜50

100%

36〜40

80%

31〜35

60%

26〜30

40%

21〜25

20%

10〜20

0%

みやこ町ゆめづくり事業補助金審査要領

平成25年4月1日 訓令第9号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第12節 地域振興
沿革情報
平成25年4月1日 訓令第9号