○みやこ町一般コミュニティ助成事業補助金交付要綱

平成25年4月26日

告示第46号

(趣旨)

第1条 この告示は、町が認めるコミュニティ組織が、自主的かつ主体的に推進するコミュニティ事業に対して、町が予算の範囲内で補助金を交付することについて、みやこ町補助金等交付規則(平成18年みやこ町規則第43号)及び財団法人自治総合センター(以下「自治総合センター」という。)が定めるコミュニティ助成事業実施要綱(以下「実施要綱」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業)

第2条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、実施要綱に定める一般コミュニティ助成事業で自治総合センターが承認した事業とする。

(補助対象金額)

第3条 自治総合センターが承認した金額を基本とし、予算で定められた金額を上限とする。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付の申請を行おうとするものは、コミュニティ助成事業補助金交付申請書(様式第1号)に事業計画書、参考資料、補助対象事業にかかる経費又は収支の内訳を示す資料その他町長が提出を求める資料を添付して、町長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第5条 町長は、前条に規定する補助金の交付申請に係る書類を審査し、補助金を交付することが適切であると認めたときは、コミュニティ助成事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により当該申請を行った補助対象団体に通知するものとする。

(実績報告)

第6条 前条の規定による補助金交付の決定を受けた団体(以下「補助決定団体」という。)は、補助対象事業の完了後、速やかに町長にコミュニティ助成事業実績報告書(様式第3号)を提出し、町長の承認を受けなければならない。

(請求)

第7条 前条の規定による実績報告の承認を受けた補助決定団体は、コミュニティ助成事業補助金請求書(様式第4号)を町長に提出するものとする。

(設備、備品の管理及び関係資料の保管)

第8条 補助決定団体は、町が行う補助に係る事業により整備した設備、備品につき善意をもって管理を行わなければならない。また、補助金についての収支を明らかにする資料(以下「関係資料」という。)を整備し、保管しなければならない。

2 補助決定団体は、関係資料について、町から開示の要求があった場合は、これに従わなければならない。

3 設備、備品の管理、及び関係資料の保管の期間については、総務省所管補助金等交付規則に規定される処分制限期間とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

みやこ町一般コミュニティ助成事業補助金交付要綱

平成25年4月26日 告示第46号

(平成25年4月26日施行)