○みやこ町出産祝金交付要綱

平成24年6月20日

告示第45号

(目的)

第1条 この告示は、次条に定める対象者にみやこ町出産祝金(以下「祝金」という。)を交付することにより、みやこ町に住む意欲を高め、もって町の活性化を促進することを目的とする。

(交付対象者)

第2条 祝金の交付を受けることができる者は、平成26年4月1日以降出生したものにつき出生届を提出した者で、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 町の住民基本台帳に記録されている者であること。

(2) 出産の日以前から継続して1年以上町内に住所を有する者であり、かつ、引き続き町内に住所を有する意思があり、現にみやこ町に居住し、出生児を養育している世帯の父又は母であること。

(3) 町民税納入義務者であり、町に対する支払義務のあるもの全てに滞納がない世帯に属するものであること。

(祝金の額)

第3条 祝金は、予算の範囲内で交付するものとし、交付の額は、次のとおりとする。

(1) 第1子の場合 30,000円

(2) 第2子の場合 50,000円

(3) 第3子の場合 100,000円

(4) 第4子以降の場合 200,000円

(祝金の申請)

第4条 祝金の交付を受けようとする交付対象者(交付対象者が死亡し、又は離別した場合は、町内に居住する親権者)は、出産日から起算して1年経過した後6月未満の期間内にみやこ町出産祝金交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 交付対象者は、前項の規定による申請の際、戸籍謄本その他の出産した子が第何子か確認するための資料を町長に提出しなければならない。

(交付の決定)

第5条 町長は、前条第1項の申請書が提出されたときは、速やかにその内容を審査の上、交付金の交付の可否を決定し、みやこ町出産祝金交付決定通知書(様式第2号)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(交付金の請求及び交付)

第6条 祝金の交付決定を受けた者は、みやこ町出産祝金請求書(様式第3号)により、祝金の請求をするものとする。

2 町長は、前項の規定によりみやこ町出産祝金請求書が提出されたときは、速やかにその内容を審査し、適正と認めた場合は、祝金を交付するものとする。

(返還)

第7条 町長は、祝金の交付決定を受けた者が虚偽の申請その他不正な手段により祝金の交付を受けた場合又は祝金を返還することが必要であると認めた場合は、祝金の交付決定を取り消し、既に祝金が交付されているときは、その全部を返還させることができる。

(広報)

第8条 第1条に規定する目的を達成するために、この事業を広く周知し、及び交付の実績等を周知することが重要であることから、祝金の申請をしようとする者は、広報紙その他の方法により、町が広報することを承諾しなければならない。

2 祝金の申請をしようとする者が町が広報することを承諾しない場合は、祝金を交付しないものとする。ただし、町長が必要と認めた場合は、この限りでない。

(検討)

第9条 町長は、この告示の施行後3年以内に、この告示の施行状況について検討を加え、必要があると認めるときは、所要の措置を講ずるものとする。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年5月30日告示第38号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年4月1日告示第22号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。ただし、平成24年4月1日以降から平成26年3月31日までに出生したものについては、この告示による改正前のみやこ町出産祝金交付要綱を適用する。

画像

画像

画像

みやこ町出産祝金交付要綱

平成24年6月20日 告示第45号

(平成27年4月1日施行)