○みやこ町職員提案規程

平成24年5月1日

訓令第4号

(目的)

第1条 この規程は、広く職員の町政に関する提案を奨励することによって、職員の創造力、研究心及び町政運営への参加意欲の高揚を図り、もって行政運営の効率化及び町民サービスの向上に資することを目的とする。

(提案の要件)

第2条 職員提案(以下「提案」という。)は、次の各号のいずれかに該当するものであって、職員の創意工夫による具体的かつ建設的なものでなければならない。

(1) 行政施策に関すること。

(2) 事務事業の改善に関すること。

(3) 町民サービスの向上に関すること。

(4) 経費の節減又は収入の増加につながること。

(5) 町の発展に関すること。

(6) 前各号に定めるもののほか、行政運営上の利益に資すること。

(所属長の責務)

第3条 所属長は、職員提案制度の意義を十分認識し、所属職員に対してその意義の周知を図り、職員誰もがいつでも提案できる職場の雰囲気を醸成するとともに、必要に応じて提案に対する指導、助言等を行い、職員が積極的に提案できるよう努めなければならない。

(提案者の資格)

第4条 職員は、個人又は共同で提案をすることができる。

(提案の時期等)

第5条 提案は、随時行うことができる。

2 町長は、特に必要があると認めるときは、特定の課題について期間を定めて提案を募集することができる。

(提案の方法)

第6条 提案は、職員提案書(様式第1号)に必要事項を記入し、総務課に提出するものとする。

(主務課長の意見の聴取)

第7条 総務課長は、提案を受理したときは、職員提案書の写しをその内容に関係のある事務を所掌する課等の長(以下「主務課長」という。)に送付するものとする。

2 職員提案書の送付を受けた主務課長は、当該提案書に記載された事項(以下「提案事項」という。)を検討した上、様式第2号により意見を付して総務課長に回付するものとする。

3 第1項の規定による処理を行うときは、提案に係る文書から、提案者の所属、職名及び氏名を削除しておくものとする。

(提案審査会)

第8条 提案の内容を審査するため、みやこ町職員提案審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

3 委員長は副町長、副委員長は総務課長とし、委員は町長が課長から指名する。

4 委員長は、会務を総理し、副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(提案の審査)

第9条 委員会は、審査に付された提案を審査するものとする。

2 前項の審査は、創造性、研究努力度、実現性、実施効果等の程度を基準にして行う。

3 提案を審査するに当たり、提案者の所属、職名及び氏名は、秘密としなければならない。

4 委員会は、必要に応じ関係職員及び有識者に出席を要請し、意見を求めることができるほか、必要な調査を行うことができる。

(結果の報告)

第10条 委員長は、提案の審査終了後その結果を速やかに町長に報告しなければならない。

(結果の公表)

第11条 町長は、審査結果を職員に公表するものとする。この場合において、提案者の同意を得たときには、当該提案者の氏名を公表することができる。

(褒賞)

第12条 町長は、委員会の審査に基づき、その審査結果について職員提案審査結果通知書(様式第3号)により当該提案に係る職員に通知するとともに、別表に定める基準により褒賞するものとする。

(提案の実施)

第13条 町長は、採用又は一部採用と決定した提案の実施について関係のある課等の長(以下「関係課長等」という。)に必要な措置を講ずるよう指示するものとする。

2 前項の規定により指示された関係課長等は、実施状況及びその結果等について速やかに町長に報告しなければならない。

(提案に伴う諸権利)

第14条 この規程による提案に関する全ての権利は、みやこ町に帰属する。

(その他)

第15条 この規程の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成25年9月11日訓令第12号)

この訓令は、公表の日から施行する。

別表(第12条関係)

褒賞区分

基準

記念品

最優秀提案賞

実施に値する提案のうち、優秀だった提案

図書カード 10,000円分

優秀提案賞

実施又は実施の検討に値する提案

図書カード 5,000円分

努力賞

上記の基準によらず審査会が認めた提案

図書カード 3,000円分

画像

画像

画像

みやこ町職員提案規程

平成24年5月1日 訓令第4号

(平成25年9月11日施行)