○みやこ町庁舎統合検討委員会設置条例

平成24年3月23日

条例第4号

(設置)

第1条 勝山庁舎、犀川庁舎及び豊津庁舎の3庁舎で行っている業務を集約し事務を行う庁舎の位置を決定することについて、公平かつ総合的な見地から検討するため、みやこ町庁舎統合検討委員会(以下「検討委員会」という。)を設置する。

(任務)

第2条 検討委員会は、次に掲げる事項について調査検討する。

(1) 庁舎の位置に関する事項

(2) 前号のほか、委員長が必要と認める事項

(組織)

第3条 検討委員会は、17人以内の委員をもって組織する。

2 検討委員会の委員(以下「委員」という。)は、次に掲げる者の中から町長が委嘱し、又は任命する。

(1) 学識経験者

(2) 町議会議員

(3) 駐在員

(4) 教育又は子育ての分野に精通する者

(5) 企業又は商工の分野に精通する者

(6) 医療又は福祉の分野に精通する者

(7) その他町長が適当と認める者

(庁舎位置検討専門部会)

第4条 第2条に規定する事項を調査検討するに当たり、地方自治法(昭和22年法律第67号)第4条第2項に規定する交通の事情、他の官公署との関係等について専門的な見地から調査検討するため、みやこ町庁舎位置検討専門部会(以下「専門部会」という。)を設置する。

2 専門部会に係る運営その他必要な事項については、町長が別に定める。

(任期)

第5条 委員の任期は、第2条に定める任務が終了する日までとし、おおむね1年を目途とする。

2 第3条に規定する委員の任期は、その職を失っても原則として任務が終了する日までとする。

(委員長及び副委員長)

第6条 検討委員会に委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選により定める。

3 委員長は、会務を総括し、検討委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第7条 検討委員会の会議(以下「会議」という。)は、必要に応じ委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 検討委員会は、半数以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

4 委員長は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第8条 検討委員会の庶務は、総合政策課において処理する。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、検討委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(この条例の失効)

2 この条例は、第2条に規定する任務が終了した日限り、その効力を失う。

みやこ町庁舎統合検討委員会設置条例

平成24年3月23日 条例第4号

(平成24年3月23日施行)