○みやこ町職員希望降任制度実施要綱

平成23年3月16日

訓令第1号

(目的)

第1条 この訓令は、職員自らの意思に基づく降任に対する希望を尊重し、職員の心身の負担の軽減、勤務意欲の向上及び組織の活性化を図ることを目的とする。

(対象職員)

第2条 降任を希望することができる職員は、みやこ町職員の職の設置に関する規則(平成18年みやこ町規則第24号)に定める係長又は係長相当職以上の職にある者のうち、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 病気等の理由により職責を果たすことが困難であると感じる者

(2) 家庭の事情等により職責を果たすことが困難であると感じる者

(3) 職責の増大によりその職責を果たすことが困難であると感じる者

(4) 前3号に掲げるもののほか、特別な理由によりその職責を果たすことが困難であると感じる者

(降任の申出)

第3条 降任を希望する職員は、降任希望申出書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(降任の承認)

第4条 町長は、前条の申出があったときは、当該職員の希望を尊重して降任の適否を判定し、その結果を降任承認(不承認)通知書(様式第2号)により、当該職員に通知するものとする。

(申出撤回等の禁止)

第5条 前条の規定による通知を受けた職員は、第3条の申出を撤回し、又は前条の規定による決定に対する審査請求をすることができない。

(降任の効果)

第6条 町長は、第4条の規定により降任を承認したときは、承認の日以後の最初の4月1日に当該職員を降任させるものとする。ただし、町長が特に必要と認める場合はこの限りでない。

2 降任は、降任を希望する職員が現に任命されている職を一以上下位の職に任命することとする。この場合において、当該職員の希望を超える降任は、行わないものとする。

3 降格を伴う降任の場合における降任後の当該職員の給料月額は、みやこ町職員の初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則(平成19年みやこ町規則第3号)の規定により決定する。

(降任後の昇任)

第7条 この訓令の規定により降任した職員は、降任を申し出た理由が消滅し、当該職員が昇任を希望するときは、希望降任申出理由消滅申出書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 前項の申出があった職員の昇任は、他の職員と同様に取り扱うものとする。

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日訓令第2号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

みやこ町職員希望降任制度実施要綱

平成23年3月16日 訓令第1号

(平成28年4月1日施行)