○みやこ町職員昇任試験実施要綱

平成22年9月15日

訓令第6号

(目的)

第1条 この訓令は、職員の昇任に際し、意欲及び能力のある職員の昇任を昇任試験(以下「試験」という。)という客観的な基準により行うことで組織の活性化及び行政運営の効率化を図ることを目的とする。

(試験の実施)

第2条 町長は、職員の昇任に際し、試験を実施するものとする。

2 試験は、町長が必要と認めたときに実施する。

(試験の種類)

第3条 試験の種類は、次のとおりとする。

(1) 係長職昇任試験

(2) 管理職昇任試験

(受験資格)

第4条 前条各号に掲げる試験の受験資格を有する職員は、基準日(試験を実施する年度における4月1日をいう。以下同じ。)現在で、次の条件を満たす者とする。

(1) 係長職昇任試験 みやこ町職員の給与に関する条例(平成18年みやこ町条例第49号)第4条第1項第1号に規定する行政職給料表(以下「行政職給料表」という。)の3級以上の者で、その在級年数が4年以上の者

(2) 管理職昇任試験 係長職の職員のうち行政職給料表の4級以上の者で、その在級年数が4年以上の者

2 前項各号に規定する在級期間に次のいずれかに該当する期間が含まれている場合は、当該各号に定める割合を乗じて得た期間を除算する。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第2項の規定により休職を命じられた期間(公務に起因する場合を除く。) 10分の5

(2) 地方公務員法第29条第1項の規定により停職の処分をされた期間 10分の10

(欠格事由)

第5条 試験の実施日において、次のいずれかに該当する場合は、前条の規定にかかわらず、当該受験資格を有しないものとする。

(1) 地方公務員法第28条第2項の規定により休職を命ぜられている職員(以下「休職職員」という。)又は同項の規定による休職の期間が終了した日から2年に満たない職員

(2) 地方公務員法第29条第1項の規定による処分を受けた職員(以下「処分職員」という。)又は当該実施日において同項による処分が終了した日から3年に満たない職員

(3) 第10条の規定により名簿から抹消された日から1年に満たない職員

(4) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)の規定により育児休業中の職員

(5) 病気等で実務に携わっていない職員

(試験方法)

第6条 町長は、試験を実施する場合は、その都度昇任試験実施要領を作成し、当該試験の実施日の1月前までに職員に通知するものとする。

2 前項の昇任試験実施要領には、試験の日程、受付期間、試験の内容等について掲載するものとする。

(合否の決定及び通知)

第7条 町長は、試験の結果に基づき合格者及び不合格者を決定し、本人に文書で通知するものとする。

(合格者の取扱い)

第8条 町長は、試験の合格者を昇任候補者名簿(以下「名簿」という。)に登載するものとする。

2 試験の合格者は、係長職又は管理職に昇任する資格を有するものとする。

3 係長職及び管理職の昇任は、名簿に登載された者のうちから行うものとする。

(試験結果の開示)

第9条 試験の結果は、受験者の請求により当該受験者の結果に限り開示する。

2 前項の請求は、総務課長に対して行う。

(名簿の抹消)

第10条 町長は、名簿に登載された者が、係長職又は管理職に昇任するまでの間に、懲戒処分、勤務成績不良、心身の故障等職務の遂行に適性を欠くと認める事由が生じたときは、名簿から抹消するものとする。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

みやこ町職員昇任試験実施要綱

平成22年9月15日 訓令第6号

(平成22年9月15日施行)