○みやこ町の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

平成22年2月1日

規則第1号

みやこ町国民健康保険運営協議会会議規則(平成18年みやこ町規則第82号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町国民健康保険条例(平成18年みやこ町条例第139号)第3条の規定に基づき、みやこ町の国民健康保険事業の運営に関する協議会(以下「協議会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員)

第2条 協議会の委員は、町長が委嘱する。

2 前項の委員の任期は、3年とし、再任を妨げない。ただし、欠員が生じた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び会長代理)

第3条 協議会に会長及び会長代理をそれぞれ1人置く。

2 前項の会長及び会長代理は、公益を代表する委員のうちから互選する。

3 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

4 会長代理は、会長を補佐し、会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、その職務を代行する。

(会議)

第4条 協議会は、会長が必要に応じて招集し、第2条第1項に規定する委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

(審議事項)

第5条 協議会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 国民健康保険法(昭和33年法律第192号。以下「法」という。)第43条第1項及び第52条第2項の規定による一部負担金の割合の引下げ

(2) 国民健康保険税の税率

(3) 法第58条の規定による保険給付の種類及び内容の変更

(4) その他会長が重要であると認める事項

(議事)

第6条 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(出席の要求)

第7条 会長は、必要があると認めるときは、利害関係者の出席を求めることができる。

(資料の要求)

第8条 会長は、職務遂行上必要な資料を町長に要求することができる。

(書記)

第9条 協議会に書記1人を置く。

2 前項の書記は、町の国民健康保険専任職員の中から町長が任命する。

(議事録)

第10条 協議会は、議事録を作成し、会長の指名する出席委員が署名しなければならない。

(報酬及び費用弁償)

第11条 委員の報酬及び費用弁償は、みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年みやこ町条例第43号)の定めるところにより支給する。

(庶務)

第12条 協議会の庶務は、保険福祉課において処理する。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、町長と会長が協議の上、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第14号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第18号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月16日規則第6号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

みやこ町の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

平成22年2月1日 規則第1号

(平成30年4月1日施行)