○有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付要綱

平成21年10月1日

告示第53号

(趣旨)

第1条 この告示は、農林産物の生産及び振興を推進することを趣旨として設立した有限会社勝山町農業支援センター(以下「支援センター」という。)の運営に要する資金の貸付けについて必要な事項を定めるものとする。

(貸付けの種類)

第2条 貸付けの種類は、運営資金とする。

(貸付額)

第3条 貸付額は、1,000万円を限度とする。

(貸付条件)

第4条 運営資金の貸付条件は、次に定めるところによる。

(1) 貸付利率 無利子

(2) 貸付期間 貸付けを決定した日から1年以内

(3) 償還方法 一括償還

(4) 償還期限 貸付期間満了後60日以内

2 前項に規定する条件については、町長及び支援センターの協議の上、見直すことができる。

(貸付けの申請)

第5条 支援センターは、貸付けを受けようとするときは、有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付申請書(様式第1号)に次の書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(1) 定款

(2) 賃借対照表及び収支予算・決算書

(3) 事業計画書(単年度及び複数年度)

(4) その他町長が必要と認める書類

(資金の貸付け)

第6条 町長は、前条の規定による貸付申請書の提出があったときは、内容を審査の上、貸付けをすることが適当であると認めた場合には、速やかに支援センターに有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

2 支援センターは、前項の規定による決定通知書を受けた場合は、有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付金請求書(様式第3号)により町長に請求するものとする。

3 町長は、前項の規定による請求書が提出された場合は、内容を審査の上、支援センターに貸付金を貸し付けるものとする。

(賃借契約)

第7条 支援センターは、前条第1項の規定による決定通知書を受理したときは、町との間に別に定める契約書を締結するものとする。

(借受者の義務)

第8条 支援センターは、この告示の趣旨に沿うよう当該資金に係る事業を行い、かつ、事業計画書に定めた用途以外に使用してはならない。

(貸付けの取消し及び返還義務)

第9条 町長は、支援センターが貸付金を他の用途に使用したときは、貸付決定額の全部又は一部の取消しを命ずることができる。

2 町長は、町の財政上必要が生じたと認めた場合は、支援センターと協議の上、貸付決定額の全部又は一部の返還を命ずることができる。

3 前2項の規定により貸付けの決定を取り消した場合において、既に貸し付けられているときは、町長は、有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付返還命令書(様式第4号)により、その返還を命ずることができる。

4 支援センターは、第1項及び第2項の規定による返還を命ぜられた場合は、速やかに返還命令金額を町に納入しなければならない。

(運営状況の報告)

第10条 支援センターは、事業年度終了後、速やかに当該年度の運営状況について有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付実績報告書(様式第5号)に次の書類を添付して、町長に報告しなければならない。

(1) 事業報告書

(2) その他町長が必要と認める書類

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成26年4月7日告示第17号)

この告示は、公表の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

有限会社勝山町農業支援センター運営資金貸付要綱

平成21年10月1日 告示第53号

(平成26年4月7日施行)