○みやこ町水道事業公印規程

平成21年4月1日

水道事業管理規程第7号

(趣旨)

第1条 この規程は、みやこ町水道事業に係る公印の保管及び使用等に関して必要な事項を定めるものとする。

(公印の種類)

第2条 公印の種類、書体、寸法、用途及び公印の保管者(以下「保管者」という。)は、次のとおりとする。

公印の種類

書体

寸法(mm)

用途

保管者

みやこ町長印

てん書

方18

町長名をもって発する文書

総務課長

みやこ町水道企業出納員之印

古印体

方18

水道企業出納員をもって発する文書

水道事業会計通帳印

上下水道課長

(公印の登録)

第3条 公印保管者は、公印登録簿(様式第1号)を作成し、公印の名称、印影その他必要な事項を登録しておかなければならない。

(公印の取扱い)

第4条 公印の保管及び使用については、厳格かつ正確に行われるよう留意しなければならない。

(公印の持出禁止)

第5条 公印は、保管者の指定する場所以外に持ち出して使用することはできない。ただし、特別の事由により当該保管者の許可を得たときは、この限りでない。

2 前項ただし書の許可は、公印借用簿(様式第2号)によるものとし、当該許可を得た者は、公印の使用を終えた後、直ちに公印を当該保管者に返納し、かつ、公印借用簿に所要事項を記入の上、その受領印を受けなければならない。

(公印の新調、改刻又は廃棄)

第6条 公印を新調し、改刻し、又は廃棄しようとするときは、町長の承認を受けなければならない。

(公印の照合)

第7条 上下水道課長は、公印を毎年1回以上公印登録簿と照合しなければならない。

(公印の事故)

第8条 保管中の公印を損傷し、又は亡失したときは、保管者は、速やかにそのてん末を記載し、町長に報告しなければならない。

(公印の印影の印刷)

第9条 対外的に発する文書で一定の内容のものを多数印刷する場合は、公印の印影を当該文書と同時に印刷して公印の押印に代えることができる。

2 公印の印影を印刷する場合、印刷物の都合により第2条に規定する寸法により難いときは、これを縮小し、又は拡大して印刷することができる。

3 公印の印影を印刷しようとする場合は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(電子公印)

第10条 コンピュータシステム(コンピュータ及びその関連機器により構成されたシステムをいう。以下同じ。)を利用して、公印を押すべき文書を作成するときは、当該コンピュータシステムに記録した公印の印影又は当該印影を縮小し、若しくは拡大したもの(以下「電子公印」という。)を出力することにより、公印の押印に代えることができる。

2 電子公印を使用する場合は、あらかじめ町長の承認を得なければならない。

3 電子公印を使用する場合は、印影の改ざん等不正使用されることのないように適正に管理しなければならない。

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、公印の取扱いについて必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

みやこ町水道事業公印規程

平成21年4月1日 水道事業管理規程第7号

(平成21年4月1日施行)