○みやこ町水道事業、簡易水道事業、公共下水道事業及び農業集落排水事業事務決裁規程

平成21年4月1日

水道事業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、みやこ町水道事業、簡易水道事業、公共下水道事業及び農業集落排水事業(以下「上下水道事業」という。における事務能率の向上を図り責任の範囲を明らかにするため、事務の決裁について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程における用語の意義は、それぞれ次の各号に定めるところによる。

(1) 決裁 町長(上下水道事業の管理者の権限を行う町長をいう。)が、その権限に属する事務処理につき、最終的に意思決定を行うことをいう。

(2) 専決 町長の権限に属する事務を常時その者に代り決裁することをいう。

(決裁事項)

第3条 上下水道事業における事務の決裁については、みやこ町事務決裁規程(平成18年みやこ町訓令第4号。以下「町事務決裁規程」という。)第4条を準用する。

(課長の専決事項)

第4条 上下水道課長は、次の事項を専決することができる。

(1) 定例的な調査、報告及び進達

(2) 定例的な許認可、通知、照合及び回答

(3) 法令又は条例に基づいて行う原簿による諸証明及び公簿の閲覧

(4) 原簿、台帳の作成、訂正及び記載の確認

(5) 課員の事務分掌

(6) たな卸し資産の払出し及び減耗に関すること。

(7) 給水装置工事の審査決定に関すること。

(8) 給水の開始、中止及び停止処分に関すること。

(9) 収入の調定、納入、通知及び督促に関すること。

(10) 過誤納金の還付充当に関すること。

(11) 収入支出科目の更正に関すること。

(12) 予算執行計画に関すること。

(13) 資産の経理に関すること。

(専決の保留)

第5条 専決者は、事件の重要度を勘案し、急施を要しないと認められるものを保留し、町長の指揮を待たなければならない。

(その他)

第6条 この規程に定めるもののほか、上下水道事業における事務の決裁について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成30年2月26日水管規程第2号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

みやこ町水道事業、簡易水道事業、公共下水道事業及び農業集落排水事業事務決裁規程

平成21年4月1日 水道事業管理規程第1号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第11編
沿革情報
平成21年4月1日 水道事業管理規程第1号
平成30年2月26日 水道事業管理規程第2号