○みやこ町森林総合利用施設設置及び管理条例

平成21年3月30日

条例第2号

みやこ町森林総合利用施設条例(平成18年みやこ町条例第173号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 蛇渕の滝周辺の森林環境の整備を図り、野外活動等を通じて健全な森林レクリエーションの推進を図るため、森林総合利用施設(以下「利用施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 森林総合利用施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 みやこ町営蛇渕キャンプ場「清流の郷帆柱」

(2) 位置 みやこ町犀川帆柱969番地1

(管理)

第3条 町長は、利用施設を常に良好な状態において管理し、第1条の設置目的に即し最も効率的な利用及び安全の確保に努めるものとする。

(施設の種類)

第4条 利用施設に次の施設を置く。

(1) 総合案内所、配水施設、照明設備、放送設備、便所その他の管理施設

(2) コテージ、バンガロー、テントサイト、炊事施設、バーベキュー棟その他の休養施設

(3) 吊橋、花木園その他の風致施業施設

(4) 消火器その他の山火事防止施設

(5) 林間歩道、駐車場、広場その他施設

(利用期間)

第5条 利用施設の利用期間は、毎年1月1日から12月31日までとする。ただし、町長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(使用時間及び休業日)

第6条 利用施設のコテージ及びバンガローを使用できる時間及び休業日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休業することができる。

(1) 使用時間

 休憩 午前9時から午後5時まで。ただし、休憩は、宿泊予約がない棟のみとする。

 宿泊 午後2時から翌日の午前10時まで

(2) 休業日 毎週水曜日(9月1日から翌年の6月30日までの間に限る。)。ただし、水曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときはその翌日

(行為の禁止)

第7条 利用施設内においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 利用施設を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土石、竹木等の物件をたい積し、又は危険物を持ち込むこと。

(4) 土砂岩石等を採取し、又は土地の形質を変更すること。

(5) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(6) 風紀を乱し、若しくはそのおそれのある行為をし、又は危害を及ぼす行為をすること。

(7) 立入禁止区域内に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外に車両を乗り入れ、又はキャンプ若しくはキャンプファイヤーをすること。

(9) その他利用施設の管理上支障があると認められる行為をすること。

(利用の禁止又は制限)

第8条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、利用を許可しないものとする。

(1) 利用者が前条の規定に違反するとき。

(2) その利用が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

2 町長は、施設の損壊、林産物の搬出その他の理由により、やむを得ないと認める場合は、区域及び期間を定めてその利用の禁止又は制限をすることができる。

(行為の許可)

第9条 利用施設の区域内において次に掲げる行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 物品を販売し、又は頒布すること。

(2) 競技会、展示会その他これらに類する催しのため、施設の全部又は一部を独占して利用すること。

(3) 興業、募金その他これらに類する行為をすること。

(4) 業として、写真又は映画等を撮影すること。

(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(6) 前各号に掲げる行為のほか、利用施設の管理上支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(使用承認)

第10条 コテージ、バンガロー、テントサイト及びバーベキュー棟その他の休養施設を使用しようとする者は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(使用料)

第11条 町長は、別表に定める施設を利用する者から、同表に定めるところにより算出した合計金額を徴収する。ただし、100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額を徴収するものとする。

(使用料の減免)

第12条 町長は、必要があると認めるときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。

(損害賠償)

第13条 利用施設の施設、設備を損傷し、又は汚損した者は、速やかに町長に報告するとともに、これを原形に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

2 賠償の金額及びその方法は、その都度町長が定める。

(指定管理者による管理)

第14条 町は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、町が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に利用施設の管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第15条 指定管理者が行う利用施設の管理の業務は、次のとおりとする。

(1) 利用施設の維持管理に関する業務

(2) 利用施設の使用許可及び利用調整に関する業務

(3) 町長の承認を受け、利用施設の利用期間を変更し、又は使用時間若しくは休業日を変更し、若しくは臨時に休業すること。

(4) 使用料の徴収に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、利用施設の運営に関する事務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く業務

2 前条の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第8条から第11条までの規定中「町長」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第12号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月15日条例第34号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第11条関係)

(単位:円)

区分

種別

通常期

夏期

金額(町内)

金額(町外)

金額(町内)

金額(町外)

コテージ

6人用

(休憩)

5,142

6,172

6,172

7,714

6人用

(宿泊)

10,285

12,343

12,343

15,428

5人用

(休憩)

4,114

5,142

5,142

6,172

5人用

(宿泊)

8,229

10,285

10,285

12,343

バンガロー

10人用

(休憩)

1,543

2,057

2,057

2,571

10人用

(宿泊)

3,086

4,114

4,114

5,142

20人用

(休憩)

3,086

4,114

4,114

5,142

20人用

(宿泊)

6,172

8,229

8,229

10,285

テントサイト

1区画

515

617

515

617

バーベキューサイト

1箇所

2,057

2,057

2,057

2,057

キャンプファイヤー場

1回

4,114

4,114

4,114

4,114

※備考

1 コテージ及びバンガローは、宿泊1日間の料金とする。

2 コテージ及びバンガローの休憩料金は、宿泊料金の半額とする。

3 夏期は、7月1日から8月31日までをいう。

4 通常期は、夏期を除いた期間をいう。

5 申請者が町内在住の場合は町内金額を、それ以外の場合は町外金額を適用する。

みやこ町森林総合利用施設設置及び管理条例

平成21年3月30日 条例第2号

(平成28年3月30日施行)