○みやこ町営給水施設条例

平成20年3月31日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、みやこ町営給水施設の設置に関する事項並びに当該水道事業の給水についての料金その他の供給条件及び給水の適正を保持するために必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 みやこ町に町営給水施設(以下「施設」という。)を設置し、町営住宅を対象に、水道事業を経営する。

(定義)

第3条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 給水装置 需要者に水を供給するために町が設置した配水管から分岐して設けられた給水管及びこれに直結する給水用具をいう。

(2) 定例日 料金の算定の基準日としてあらかじめ町長が定めた日をいう。

(管理及び運営)

第4条 施設を常に良好な状態で管理し、最も効率的な運営をするため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に施設の管理及び運営を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者が施設の管理を行う場合の業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 塩素滅菌等の日常管理に関すること。

(2) 定期的な清掃に関すること。

(3) 維持管理に必要なこと。

(4) 町の水道メーター(以下「メーター」という。)の検針に関すること。

(5) 料金の徴収に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、管理運営に関すること。

(指定管理者の管理の期間)

第6条 指定管理者が施設の管理を行う場合の期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日の場合は、当該日)から起算して5年の間とする。ただし、再指定を妨げない。

(指定管理者の指定の手続等)

第7条 施設の指定管理者の指定の手続等については、みやこ町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年みやこ町条例第63号)の定めるところによる。

(名称及び給水区域)

第8条 施設の名称及び給水区域は、次のとおりとする。

名称

給水区域

宮原団地給水施設

みやこ町勝山宮原字下熊本

長川団地給水施設

みやこ町勝山長川字帯田及び高柳

飛松団地給水施設

みやこ町勝山松田字中原

新町団地給水施設

みやこ町勝山大久保字小古野

上久保団地給水施設

みやこ町勝山大久保字宮畑

平尾団地給水施設

みやこ町勝山大久保字日焼

下黒田団地給水施設

みやこ町勝山黒田字北ヶ迫

岩熊団地給水施設

みやこ町勝山岩熊字宮ノ前

(給水装置の新設等の申込み)

第9条 施設による給水を受けるため給水装置の新設、増設、改造又は撤去をしようとする者(以下「申込者」という。)は、町長の定めるところにより、あらかじめ町長に申し込み、その承認を受けなければならない。

2 前項の申込みに当たり町長が必要と認めるときは、利害関係人の同意書の提出を求めることができる。

(新設工事等の費用負担)

第10条 給水装置の新設、増設、改造又は撤去に要する費用は、申込者の負担とする。ただし、町長が町において施行することが適当と認めたものについては、町においてその費用を負担することができる。

(給水装置の変更等の工事)

第11条 町長は、配水管の移転その他特別の理由によって給水装置に変更を加える工事を必要とするときは、当該給水装置の使用者の同意がなくても当該工事を施行することができる。

(給水の原則)

第12条 給水は、非常災害、施設の損傷、公益上その他やむを得ない事情及び法令又はこの条例の規定による場合のほか、制限又は停止をすることはない。

2 前項の給水の制限又は停止をしようとするときは、その日時及び区域を定めてその都度これを予告する。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りでない。

3 前項の規定による給水の制限又は停止のため使用者に損害を生ずることがあっても、町はその責めを負わない。

(メーターの設置)

第13条 給水量は、メーターにより計量する。ただし、町長がその必要がないと認めたときはこの限りでない。

2 メーターは、給水装置に設置し、その位置は町長が定める。

(メーターの貸与)

第14条 メーターは、町が設置して、水道使用者又は代理人等(以下「水道使用者」という。)に貸与し、保管させる。

2 水道使用者は、善良な管理と注意をもってメーターを管理しなければならない。

3 水道使用者が、前項の管理義務を怠ったためメーターを忘失し、又は損傷した場合は、その損害額を弁償しなければならない。

(料金の支払義務)

第15条 施設の水道料金(以下「料金」という。)は、水道使用者から徴収する。

2 料金は、給水の制限をした場合においても徴収する。

(料金)

第16条 1箇月の料金は、口径13ミリメートルのメーター使用料54円又は口径20ミリメートルのメーター使用料97円及び次の表により算出した合計金額とする。ただし、10円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

種別

基本料金(1箇月につき)

超過料金

水量

料金

(1箇月につき1立方メートル当たり)

一般用

(家事用)

使用水量10立方メートルまで

2,160円

216円

特別用(建設工事場等臨時用)

使用水量30立方メートルまで

23,004円

216円

(料金の算定)

第17条 水道料金は、定例日にメーターの検針を行い、その日の属する月分として算定する。ただし、やむを得ない理由があるときは、町長は、定例日以外の日に検針を行うことができる。

(特別の場合の料金の算定)

第18条 月の中途において水道の使用を開始し、又は使用をやめたときの料金は、次のとおりとする。

(1) 使用水量が基本水量の2分の1以下のときは、基本料金の2分の1及び1箇月分のメーター使用料の合計額

(2) 使用水量が基本水量の2分の1を超えるときは、1箇月分として算定した金額

(臨時使用の場合の概算料金の前納)

第19条 工事その他の理由により一時的に水道を使用する者は、水道使用申込みの際、町長が定める概算料金を前納しなければならない。ただし、町長がその必要がないと認めたときは、この限りではない。

2 前項の料金は、水道の使用をやめたとき精算する。

(料金徴収の方法)

第20条 料金は、納入通知書により毎月徴収する。ただし、町長が必要であると認めたときは、この限りでない。

(料金の軽減又は免除)

第21条 町長は、公益上その他特別の理由があると認めるときは、この条例によって定めた料金を軽減し、又は免除することができる。

(管理)

第22条 故意又は過失により施設を損傷し、又は減失した者に対しては、その損害を賠償させることができる。

(経費の負担)

第23条 次に掲げる経費は、全額水道使用者の負担とする。

(1) 給水栓及び附属品の取換え及び補修

(2) 施設の増設及び給水栓位置の変更

(3) 施設の破損の修復

(給水装置の管理)

第24条 町長は、水道の管理上必要があると認めたときは、給水装置を検査し、水道使用者に対し適当な措置を指示することができる。

2 前項に要する費用は、措置をさせられた者の負担とする。

(給水の停止)

第25条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、水道使用者に対し、その理由の継続する間給水を停止することができる。

(1) この条例により水道使用者の責めによる修繕費又は料金を指定期限内に納入しないとき。

(2) 水道使用者が正当な理由がなくこの条例による使用水量の計量又は検査を拒み、又は妨げたとき。

(3) 給水栓を汚染のおそれのある器物又は施設を連結して使用する場合において、警告を発しても、なおこれを改めないとき。

(給水装置の切離し)

第26条 町長は、次に各号のいずれかに該当する場合で、水道の管理上必要があると認めたときは、給水装置を切り離すことができる。

(1) 給水装置使用者が、60日以上行方不明であるとき。

(2) 給水装置が使用中止の状態にあって、将来使用の見込みがないと認めたとき。

(委任)

第27条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

(過料)

第28条 町長は、水道使用者が詐欺その他不正の行為により水道料金の徴収を免れたときは、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第35号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月15日条例第52号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

みやこ町営給水施設条例

平成20年3月31日 条例第6号

(平成27年4月1日施行)