○みやこ町共同井戸条例

平成20年3月31日

条例第7号

(設置)

第1条 みやこ町における住民の生活環境の改善、健康の管理及び衛生思想の向上を図り、もって福祉の増進に寄与するため、みやこ町共同井戸(以下「井戸」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 井戸の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

下高屋団地共同井戸

みやこ町犀川下高屋175番地

桜台団地共同井戸

みやこ町犀川本庄1075番地1

中の瀬団地共同井戸

みやこ町犀川崎山1538番地2

大村団地共同井戸

みやこ町犀川大村92番地1

(定義)

第3条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 使用者 井戸が存する団地に入居する者をいう。

(2) 附属物件 ポンプ小屋及び受水槽等をいう。

(管理及び運営)

第4条 町長は、井戸を常に良好な状態で管理し、最も効率的な運営をするため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に井戸の管理運営を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者が井戸の管理を行う場合の指定管理者が行う業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 取水の塩素滅菌等の日常管理に関すること。

(2) 附属物件の定期的な清掃に関すること。

(3) 附属物件の維持管理に必要なこと。

(4) 第8条ただし書きに規定する費用の徴収に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理運営に関すること。

(指定管理者の管理の期間)

第6条 指定管理者が井戸の管理を行う場合の指定管理者が給水施設の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日の場合は、当該日)から起算して5年の間とする。ただし、再指定を妨げない。

(指定管理者の指定の手続等)

第7条 施設の指定管理者の指定の手続等については、みやこ町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年みやこ町条例第63号)の定めるところによる。

(使用料等)

第8条 井戸の使用料は、無料とする。ただし、井戸ポンプの電気使用に要する費用は、使用者の負担とする。

(使用制限)

第9条 町長は、井戸の水量が不足するときは、住民の日常生活に直接必要とするもの以外の使用について制限し、又は使用を規制することができる。

(導水の制限)

第10条 使用者が、井戸の水を他に導水する場合は、町長の承認を受けなければならない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、井戸の設備又は附属物件をき損又は滅失したときは、町長の指示に従い原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、井戸の使用について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月22日条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行する。

みやこ町共同井戸条例

平成20年3月31日 条例第7号

(平成30年3月22日施行)