○みやこ町行財政改革検討班設置要綱

平成19年5月14日

訓令第15号

(設置)

第1条 みやこ町の行財政改革を具体的に検討し、推進するため、みやこ町行財政改革推進本部(以下「本部」という。)の指示事項について調査及び研究を行うため、みやこ町行財政改革検討班(以下「検討班」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 検討班は、行財政改革に関し、調査及び研究をするとともに、その実施について具体的な改革案を取りまとめるものとする。

(組織及び職務)

第3条 検討班は、代表委員及び委員をもって組織する。

2 代表委員は、行政経営課長をもって充て、検討班を掌理する。

3 代表委員が不在のときは、総務課長がその職務を代理する。

4 委員は、別紙「検討班委員名簿」に掲げる者をもって充てる。

(会議)

第4条 検討班の会議は、代表委員が招集し、これを主催する。

(結果等の報告)

第5条 検討班は、会議の結果並びに調査及び研究の状況について、随時本部に報告するとともに、取りまとめた改革案については、文書で本部に報告するものとする。

(調査研究等の付託)

第6条 検討班は、第2条に規定する事項のうち専門の事項の調査及び研究並びにその実施についての具体的な改革案の取りまとめ(以下「調査研究等」という。)を次条に規定する専門部会又は当該事項に係る事務を所管する部署(以下「担当部署」という。)に付託することができる。

(専門部会)

第7条 検討班に次の専門部会を置く。

(1) 財政改革検討専門部会

(2) 行政改革検討専門部会

2 専門部会は、専門員をもって組織し、町長が職員の中から任命する。

3 専門員は、当該専門の事項に関する調査研究等が終了したときに解任されるものとする。

4 専門部会に部会長を置き、検討班が指名する専門員がこれに当たる。

5 部会長は、専門部会の事務を掌理する。

(庶務)

第8条 検討班の庶務(担当部署における調査研究等に係るものを除く。)は、行政経営課において行う。

(補則)

第9条 この訓令に定めるもののほか、検討班の運営に関し必要な事項は、代表委員が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月11日訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成29年3月24日訓令第4号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

画像

みやこ町行財政改革検討班設置要綱

平成19年5月14日 訓令第15号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年5月14日 訓令第15号
平成23年3月31日 訓令第3号
平成26年3月11日 訓令第1号
平成29年3月24日 訓令第4号