○みやこ町家族介護慰労金支給要綱

平成19年3月16日

告示第8号

(目的)

第1条 この告示は、在宅で要介護高齢者を介護している家族に対し慰労金を支給することによりその負担を軽減し、在宅福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において「高齢者」とは、みやこ町に居住し、かつ、住民基本台帳に記録されている者で、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第7条第3項に規定する者をいう。

(支給対象者)

第3条 この告示により家族介護慰労金(以下「慰労金」という。)の支給を受けることができる者は、行橋市・苅田町・みやこ町介護認定審査会の共同設置規約(平成11年7月1日)に規定される介護認定審査会において、要介護3、要介護4又は要介護5に該当する判定を受けた町民税非課税世帯の高齢者であって、要介護認定を受けた日から1年間、法第40条に規定する保険給付(ただし、年間7日以内の短期入所生活介護及び短期入所療養介護の利用を除く。)を受けなかった者を現に介護している家族とする。

2 慰労金は、介護をする家族のうちの1人に支給する。ただし1人の介護者が同時に2人以上の高齢者を介護している場合は、該当する高齢者と同数の介護をする家族がいるものとする。

(適用除外)

第4条 前条の規定にかかわらず、高齢者が要介護認定を受けた日から1年の間に継続して3月以上医療機関に入院した場合は支給しない。ただし、長期入院した者であっても、その前後を合算して1年以上保険給付を受けなかった場合は支給するものとする。

(慰労金の金額)

第5条 慰労金の金額は、介護者1人につき次のとおりとする。

(1) 要介護3の者を介護している者 年額6万円

(2) 要介護4又は要介護5の者を介護している者 年額10万円

(申請及び決定等)

第6条 慰労金の支給を受けようとする者は、家族介護慰労金支給申請書(様式第1号)により町長に申請しなければならない。

2 町長は、前項の規定により申請があったときは、これを審査し、家族介護慰労金支給(不支給)決定通知書(様式第2号)により、慰労金の支給の可否を申請者に通知するものとする。

(支給の制限)

第7条 町長は、慰労金の支給を受けようとする者が、高齢者の介護を怠っていると認められる場合は、支給を制限することができる。

(慰労金の返還)

第8条 町長は、偽りその他不正の行為により慰労金の支給を受けた者に対し、既に支給した慰労金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月4日告示第48号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成30年3月30日告示第17号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像画像

画像

みやこ町家族介護慰労金支給要綱

平成19年3月16日 告示第8号

(平成30年4月1日施行)