○みやこ町立共同井戸管理規則

平成18年3月20日

規則第119号

(趣旨)

第1条 この規則は、町が補助を受けて赤誠地区に建設し、赤誠地区共同井戸利用組合(以下「組合」という。)が共同して利用するみやこ町立共同井戸(以下「共同井戸」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(町との協議)

第2条 新たに組合に加入し、共同井戸からの給水を希望する者があるときは、組合は、町と協議するものとする。

(管理責任者)

第3条 共同井戸の管理責任者は、組合の構成員(以下「組合員」という。)の中から選出された者が当たり、共同井戸(ポンプ等の附属設備を含む。)の管理についての責任を負うものとする。

(管理の委託)

第4条 共同井戸の管理については、別途の契約を要せず、町は、その管理を前条に定める管理責任者に委託するものとする。

(管理責任者の注意義務)

第5条 管理責任者は、善良な管理者の注意をもって共同井戸を管理しなければならない。

(管理規程の制定)

第6条 管理責任者は、共同井戸を組合員が円満に利用し、又はその管理を円満に行うため、組合員と協議して共同井戸管理規程を制定することができる。ただし、この規程の制定に当たっては、町長の承認を得なければならない。

(管理費用)

第7条 共同井戸の管理に要する費用については、管理責任者が組合員から徴収するものとする。ただし、別表に掲げる施設の取替え等に要する費用については、同表に定める負担率により、町及び組合がその負担を行い、町がその取替え等を施行するものとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長と管理責任者又は組合員との協議により定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の勝山町立共同井戸管理規則(平成9年勝山町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第7条関係)

施設名

みやこ町が負担率に応じて施行する範囲

町負担率

組合負担率

取水設備

井戸(水源)

深度150m φ=0〜13m 300mm、13〜150m 200mm

水量の低下及び水質の悪化により井戸が使用不能になり新たに井戸を掘る必要が生じたとき。

全額

負担なし

取水ポンプ一式(水中ポンプ)

25mm×30リットル 1.1KW

故障等の修理ができずポンプ又は配管の取替えの必要が生じたとき。

6分の5

6分の1

浄水設備

除鉄、除マンガンろ過装置一式

処理能力1.8立方メートル/時

老朽化による取替えの必要が生じたとき。

(本体のみ、ろ過材を除く。)

滅菌装置一式(2台)

0〜150cc×10kg/cm 35w

修理ができず取替えの必要が生じたとき。

(部品交換を除く。)

配水設備

貯水タンク(13立方メートル)

老朽化による取替えの必要が生じたとき。

配水ポンプ一式(2台)

15〜470リットル/分 1.5KW

故障等の修理ができず取替えの必要が生じたとき。

配水本管一式

VP φ50=729m、VP φ40=310m、VLP φ50=9m、VLP φ40=24m

老朽化による漏水等で全面的に配管替えの必要が生じたとき。

みやこ町立共同井戸管理規則

平成18年3月20日 規則第119号

(平成18年3月20日施行)