○みやこ町水道事業口径別納付金規程

平成18年3月20日

告示第98号

(趣旨)

第1条 この告示は、みやこ町給水条例(平成18年みやこ町条例第189号。以下「条例」という。)第6条第2項の規定に基づき、口径別納付金(以下「納付金」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(納付金の範囲)

第2条 納付金は、給水装置の新設又は水道メーター口径(以下「口径」という。)の増変更をしようとするときに納入するものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合を除く。

(1) 臨時用の給水装置の新設又は既設口径の増変更をしようとするとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、町長が特別な理由があると認めたとき。

(納付金の算定)

第3条 納付金の算定は、次のとおりとする。

(1) 給水装置の新設

 条例第6条第2項に定める額とする。

(2) 給水装置の口径変更

 既設給水装置の口径変更は、新口径と旧口径の納付金の差額とする。

 既設の2個以上の給水装置を1個に統合しようとするときは、新口径の納付金と旧口径の納付金の和との差額とする。

 既設の1個の給水装置を2個以上の給水装置に分割しようとするときは、新口径の納付金の和と旧口径納付金の差額とする。

(納入)

第4条 申込者は、工事を申し込むときは、条例第9条の工事費の概算額に併せて納付金を納入しなければならない。

2 既納の納付金は、還付しない。ただし、町長が特別な理由があると認めるときは、還付することができる。

附 則

この告示は、平成18年3月20日から施行する。

みやこ町水道事業口径別納付金規程

平成18年3月20日 告示第98号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第11編
沿革情報
平成18年3月20日 告示第98号