○みやこ町公共下水道事業受益者負担金に関する条例施行規則

平成18年3月20日

規則第116号

(適用範囲)

第2条 排水処理区域内での排水施設を利用しようとする者に対して施設負担金を課する。

2 この規則に定めがないものについても必要に応じて管理者が施設を利用する者と協議して定める。

(受益者の申告)

第3条 条例第3条による賦課対象区域の公告の日現在において、当該区域内に土地を所有する者は、町長が定める日までに公共下水道事業受益者申告書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。この場合において、条例第2条第1項ただし書に規定する地上権、質権又は使用貸借若しくは賃貸借による権利(以下「地上権等」という。)を有する者があるとき(同条第2項に規定するものを除く。)は、土地の所有者は、当該地上権等を有する者と連署して申告しなければならない。

2 前項の土地が共有に係るものであるときは、共有者のうちから代表者を定め、その代表者が前項の申告をするものとする。

(不申告等の取扱い)

第4条 町長は、前条で規定する申告及び第6条に規定する届出のないとき、又は申告及び届出の内容が事実と異なると認めたときは、申告及び届出によらないで認定することができる。

(負担金の納付方法)

第5条 負担金の納付は、公共下水道事業受益者負担金納付書兼領収書(様式第2号)によるものとする。

2 負担金は、原則として一括払いとする。分割払いの場合、施設の供用開始までの間で納入するものとする。

(受益者の変更)

第6条 条例第7条に規定する受益者の変更の届出は、公共下水道事業受益者変更届(様式第3号)によるものとする。

(納付管理人)

第7条 受益者が町内に住所、居所、事務所又は事業所を有しないときは、負担金納付に関する事項を処理させるために、町内に居住する者のうちから納付管理人を定めることができる。

2 前項の規定により納付管理人を定めたときは、公共下水道事業受益者負担金納付管理人届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。納付管理人を変更したときも、同様とする。

(住所等の変更)

第8条 受益者又は納付管理人がその住所、居所等を変更したときは、遅滞なく公共下水道事業受益者住所等変更届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の豊津町公共下水道事業受益者負担金に関する条例施行規則(平成15年豊津町規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年4月1日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町公共下水道事業受益者負担金に関する条例施行規則

平成18年3月20日 規則第116号

(平成19年4月1日施行)