○みやこ町私道の採納基準に関する規則

平成18年3月20日

規則第111号

(趣旨)

第1条 この規則は、私有道路の寄附採納について適正な運用を図り、道路行政の円滑を期するため、道路の構造保全及び管理等の要件に関し必要な事項を定めるものとする。

(採納基準)

第2条 私有道路及び道路敷の所有者から採納寄附申請書(様式第1号)の提出があった場合は、検査の上、次の基準により採納するものとする。

(1) 道路の起点及び終点が道路法(昭和27年法律第180号)第3条第2号から第4号までに規定する道路(以下「公道」という。)に接続していること。ただし、次の場合は、この限りでない。

 一端が公道に接続し、他の一端が公共施設に接続している場合

 道路が公衆用道路として適切であると認められるもの

(2) 道路の路面幅員は、原則として4メートル以上であること。

(3) 道路雨水等(側溝)下排水等(側溝類流未処理等)を排水するため適切な施設が設けられていること。

(4) 道路の曲り角は、適当な長さで街角が切り取られていること。

(5) 道路のこう配は、9パーセント以下であること。

(6) 道路の曲線半径は、15メートル以上であること。

(7) 道路の路面及び構造物は、自動車(最大積載量25トン)交通に支障のないものであること。

(8) 前各号に定めるものを除くほか、道路の状態がおおむね道路構造令(昭和45年政令第320号)の技術基準に適合していること。

(9) 道路敷内に不法占用となる物件がないこと。

(団地(住宅)内道路の採納)

第3条 団地(住宅)内道路の採納については、家屋建て込みがおおむね80パーセント以上となった時点とする。

(維持修繕)

第4条 採納された路線は、採納後おおむね2年間補修を要しない工事が施行されているものでなければならない。

(採納の特例)

第5条 前3条に掲げるもののほか、町長が特に必要と認めた場合は、私有道路を採納することができる。

(用地の帰属)

第6条 道路敷は、採納により町に帰属するものとし、境界には境界柱(コンクリート製)を埋設して境界を確認したものでなければならない。

(採納手続)

第7条 採納が決定した場合は、その所有者は、速やかに次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) 登記承諾書

(2) 印鑑登録証明書

(3) その他所有権移転登記に必要なもの

(受納通知)

第8条 町長は、所有権移転登記完了後、速やかに当該物件の申請者に受納通知書(様式第2号)を発送するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の私道の採納基準に関する規則(昭和62年勝山町規則第2号)又は豊津町私道の寄附採納基準(平成10年豊津町告示第61号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

みやこ町私道の採納基準に関する規則

平成18年3月20日 規則第111号

(平成18年3月20日施行)