○みやこ町法定外公共物管理条例施行規則

平成18年3月20日

規則第110号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町法定外公共物管理条例(平成18年みやこ町条例第178号。以下「条例」という。)第24条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可申請)

第2条 条例第4条及び条例第7条第1項の許可を受けようとする者は、法定外公共物占用許可申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して、町長に提出する。

(1) 許可を受けようとする場所の案内図及び公図写し

(2) 許可を受けようとする場所の現況写真

(3) 許可を受けようとする物件の現況平面図及び計画平面図

(4) 許可を受けようとする物件の標準断面図、縦断図及び構造図

(5) 掘削を伴う場合は、敷地の復旧図

(6) 利害関係人の同意書

(7) その他町長が必要と認める書類

(施行承認申請)

第3条 条例第5条の承認を受けようとする者は、法定外公共物工事施行承認申請書(様式第2号)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

(譲渡及び交換申請)

第4条 条例第13条の譲渡及び交換を受けようとする者は、法定外公共物譲渡・交換申請書(様式第6号)に第2条に掲げる書類を添付して、町長に提出する。

(協議)

第5条 条例第8条の協議をしようとする者は、法定外公共物占用協議書(様式第1号)に第2条各号に掲げる書類を添付して、町長と協議するものとする。

(許可書)

第6条 町長は、第2条及び第3条の規定により申請があったときは、その内容を審査し、法定外公共物の管理及び機能上支障がないと認め許可する旨を決定したときは当該申請の区分に応じて法定外公共物占用許可書(様式第3号)を、また、施行承認する旨を決定したときは法定外公共物工事施行承認書(様式第4号)を交付する。

(許可の特例)

第7条 町長は、前条に規定する占用許可基準に該当しない物件で、この規則の施行の前日から占用しているものについて、特に必要があると認める場合は、申請者に占用許可基準に該当する構造への改修又は占有敷地の交換若しくは払下げ等の用地処理の確約書を提出させることにより、期限を区切って従前の形態での占有を認めることができるものとする。

(完了届)

第8条 第2条及び第3条の規定に係る許可又は承認を受けた者は、工事が完了したときは、工事が完了した日から30日以内に町長へ法定外公共物工事完了届出書(様式第5号)により届け出て、その検査を受けなければならない。

(かし担保期間)

第9条 第2条及び第3条の規定に係る許可又は承認を受けた者は、前条に規定する工事完了検査が終了した日から起算して3年間のかし担保責任を負うものとする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の豊津町法定外公共物管理条例規則(平成16年豊津町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町法定外公共物管理条例施行規則

平成18年3月20日 規則第110号

(平成18年3月20日施行)