○みやこ町建設工事検査事務取扱要領

平成18年3月20日

訓令第33号

(趣旨)

第1条 検査要綱に基づく検査事務の取扱いについては、別に定めるもののほか、この訓令の定めるところによる。

2 この訓令において「完成届」とは、みやこ町財務規則(平成18年みやこ町規則第42号)の規定に基づく履行完了の届出をいう。

(完成届の提出)

第3条 担当者は、工事が完成したときは、請負者から完成届を提出させなければならない。

2 完成届には、次に掲げる書類を添付させなければならない。

(1) 工事写真

(2) 品質管理証明書

(3) 路面砂利等搬入届

(完成検査の要求)

第4条 担当者は、完成届を受理したときは、完成要求書を町長に提出しなければならない。この場合、監督員は、あらかじめ工事の完成状況を調査しておかなければならない。

(工事検査員の任命)

第5条 町長は、工事検査員を任命するものとする。

(完成検査)

第6条 担当者が完成届を受理したときは、監督員は完成検査ができるよう、あらかじめ工事の完成状況を調査しておかなければならない。

2 工事検査員は、完成届を受理した日から14日以内に検査を完了しなければならない。この場合、建設工事の完成検査については町長の任命した検査員が行うものとする。

3 町長は、請負金額が3,000万円以上のしゅん工検査については、必要に応じて検査業務を委託することができる。

(完成検査結果の報告)

第7条 工事検査員は、完成検査を終了したときは、町長に完成検査調書を提出しなければならない。

(工事成績の評定)

第8条 完成検査が終了した工事については、みやこ町建設工事工事成績評定要領(平成24年みやこ町訓令第4号)により工事の成績を評定し、町長に提出しなければならない。評定は、同訓令第4条に規定する評定者が行うものとする。

(完成確認の通知)

第9条 町長は、完成検査調書により完成を確認したときは、直ちに完成確認通知書を請負者に送付しなければならない。

(手直し工事の指示)

第10条 工事検査員は、完成検査の際に工事の手直しを指示する必要があると認めた場合は、工事手直し報告書により町長に報告するものとする。

2 町長は、工事手直し報告書に基づき工事の手直し要求書を請負者に交付して、手直しを指示しなければならない。

(手直し工事の完了)

第11条 町長は、手直し工事が完了したときは、請負者に手直し工事完了届を提出させなければならない。

2 工事検査員が手直し工事の完了を確認したときは、第7条の規定に準じその結果を報告しなければならない。

(工事検査員の任命)

第12条 課長は、請負者から出来形検査要求書が提出されたときは、直ちに工事検査員を任命しなければならない。

(出来形検査調書の作成)

第13条 検査員は、出来形検査を完了したときは、出来形検査調書、出来形設計書及び検査時における写真(全景写真)を添付し、課長に提出しなければならない。

2 前項の出来形設計書については、監督員が請負者の提出した出来形図数量調書等積算の基礎となる書類及び写真により作成しなければならない。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成25年4月1日訓令第5号)

この訓令は、公表の日から施行する。

みやこ町建設工事検査事務取扱要領

平成18年3月20日 訓令第33号

(平成25年4月1日施行)