○みやこ町町有林条例

平成18年3月20日

条例第170号

(趣旨)

第1条 この条例は、町有林の設置、経営及び町有林産物(以下「産物」という。)の売払い等に関し、別に定めがあるものを除くほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、「町有林」とは、町が所有する森林で、町の森林経営の用に供し、又は供することを目的とするものをいう。

(経営計画)

第3条 町長は、町有林の経営について、5年ごとに翌年4月1日以降5年間の経営計画を定めるものとする。

(監視員の設置)

第4条 町長は、町有林の保護、管理等のため、予算の範囲内で監視員を置く。

2 前項に規定する監視員の勤務は、非常勤とし、その任期は2年以内とする。

3 監視員の服務については、町長が別に定めるところによるものとする。

(町有林の使用)

第5条 町長は、次の各号に掲げる場合は、他人に町有林を使用させることがある。

(1) 公用、公共用又は公益事業の用に供しようとするとき。

(2) 森林法(昭和26年法律第249号)その他の法令に基づき、他人の土地を使用する権利を行使しようとするとき。

(3) その他町長が必要と認めるとき。

(補償金及び賠償金の徴収)

第6条 町長は、前条の規定により、町有林を使用させるときは、当該森林の受ける損害については使用者から相当の補償金を徴するものとする。

2 町長は、倒伐、誤伐等により、町有林の立木竹に対し損害を与えた者から相当の賠償金を徴するものとする。

3 前2項に規定する補償金及び賠償金の額は、知事が別に定めるところにより算定するものとする。

(産物の売払い)

第7条 町長は、次の各号に掲げる場合には、当該産物を売り払うことがある。

(1) 第3条に定める経営計画に基づき伐採するとき。

(2) 病虫害の防除その他森林を保護するために伐採を必要とするとき。

(3) 災害その他特別の事情があるとき。

(売買契約)

第8条 産物売払契約は、みやこ町財務規則(平成18年みやこ町規則第42号。以下「財務規則」という。)の規定にかかわらず、落札の通知をした日から10日以内に締結しなければならない。

(売払代金の納付期限)

第9条 産物売払代金の納付期限は、売買契約を締結した日から15日以後とする。ただし、次条の規定により売買代金の延納を認めたときは、この限りでない。

(売払代金の延納)

第10条 町長は、産物売払契約1件の売払代金が100万円以上となるときは、相手方から、担保を徴し、かつ、利息を付して延納を認めることがある。

2 前項の規定により売払代金の延納を認める期間は、前条の規定する納付期限の翌日から、立木については、売払代金が500万円未満の場合にあっては4箇月以内、500万円以上の場合にあっては7箇月以内とし、素材については3箇月以内とする。ただし、当該会計年度を超えることはできない。

3 第1項に規定する担保は、手形交換所に加入する確実な金融機関が保証した約束手形とし、当該約束手形の額面金額は、延納代金と延納利息との合計額以上でなければならない。

4 前項に規定する担保の提供期限は、前条に規定する納付期限をもってその期限とする。

5 第3項に規定する延納利息は、延納した日数について延納代金に対し年6.04パーセントの割合により計算するものとする。

6 前項の規定に定める延納利息の額の計算につき同項の規定に定める年当たりの割合は、閏年の日を含む期間についても、365日当たりの割合とする。

(延滞金の徴収)

第11条 町長は、第9条に規定する売払代金の納付期限又は前条第4項に規定する担保の提供期限までに売払代金を納付しないとき、又は担保に提供しないときはその遅延日数について売払代金に対し年14.6パーセントの割合で計算した延滞金を徴するものとする。

2 前条第6項の規定は、前項の規定に定める延滞金の額の計算について準用する。

(契約保証金の処置)

第12条 町長は、財務規則の規定にかかわらず、産物売払契約に際し徴した契約保証金又はこれに代わる担保は、売払代金及び前条に規定する延滞金の納付があったとき、又は第10条第3項に規定する担保の提供及び前条に規定する延滞金の納付があったときに還付する。ただし、買受者から当該契約保証金と売買代金に充当したい旨の申出があったときは、売買代金に充当することができるものとする。

(極印)

第13条 町有林産物の売渡し、調査等を行う場合に当該産物に打押する印(以下「極印」という。)の様式及び使用については、町長が別に定めるところによるものとする。

(その他)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の犀川町町有林規則(昭和56年犀川町規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

みやこ町町有林条例

平成18年3月20日 条例第170号

(平成18年3月20日施行)