○みやこ町営土地改良事業負担金徴収条例

平成18年3月20日

条例第167号

(趣旨)

第1条 みやこ町が行う土地改良事業(以下「事業」という。)に要する費用について地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条及び土地改良法(昭和24年法律第195号。以下「法」という。)第96条の4において準用する法第36条の規定により金銭、夫役又は現品を徴収する場合は、この条例の定めるところによる。

(負担金を徴収すべき者)

第2条 前条に規定する金銭、夫役又は現品を徴収すべき者は、法第3条の規定により、その事業の施行に係る地域内にある土地について、その資格を有するものより徴収する。

(徴収の方法)

第3条 前条の規定による負担金に相当する金銭等の徴収は、その年度内に一時払いの方法によるものとする。ただし、被徴収者よりの申出があり、真にやむを得ない事由と認めたときは、その負担金に相当する金銭等につき、分割方法によることができる。

(負担金の減免等)

第4条 天災その他町長が必要と認めるときは、前条の規定にかかわらず、負担金に相当する金銭等の徴収を猶予し、若しくはその額の一部又は全部を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第5条 負担金徴収に関し必要な事項は、別に規則によりこれを定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の勝山町営土地改良事業負担金徴収条例(昭和42年勝山町条例第215号)又は豊津町営土地改良事業の分担金徴収条例(昭和46年豊津町条例第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

みやこ町営土地改良事業負担金徴収条例

平成18年3月20日 条例第167号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第3節 土地改良
沿革情報
平成18年3月20日 条例第167号