○みやこ町営土地改良事業施行条例

平成18年3月20日

条例第166号

(目的)

第1条 みやこ町のかんがい水の確保を図り、安定した農業生産力を発展させるため土地改良法(昭和24年法律第195号。以下「法」という。)第96条の2第2項並びに地方自治法(昭和22年法律第67号)第2条の規定に基づくところの事業及びこれに附帯する事業を行い、食糧増産に寄与することを目的とする。

(地区)

第2条 この事業の適用地区は、みやこ町全域とする。

(事業主体)

第3条 この事業は、町が事業主体となり、町営にて施行するものとする。

(事業費の負担金)

第4条 この事業に要する経費で、国(県)補助金以外の経費については、受益農家の負担とする。

2 前項の受益農家の負担する経費で特別の事情のあるものについては、その一部又は全部を減額又は免除し、町費をもって充てることができる。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の犀川町営土地改良事業施行条例(昭和42年犀川町条例第12号)、勝山町営土地改良事業施行条例(昭和42年勝山町条例第214号)又は豊津町営土地改良事業施行条例(昭和41年豊津町条例第141号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

みやこ町営土地改良事業施行条例

平成18年3月20日 条例第166号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第3節 土地改良
沿革情報
平成18年3月20日 条例第166号