○みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設条例

平成18年3月20日

条例第161号

(趣旨)

第1条 この条例は、水稲・麦・大豆等の生産及び振興を図ることを目的として、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 「施設」とは、水稲・麦・大豆等の振興を図るために整備した農機具倉庫及び農機具倉庫敷地(以下「施設等」という。)をいう。

2 施設等の名称及び位置は、別表に定めるとおりとする。

(指定管理者による管理)

第3条 前条の施設等の管理は、法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の指定を行う際に施設の設置目的を効果的かつ効率的に達成でき、事業効果が相当程度期待できる団体があるときは、当該団体と協議し、みやこ町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年みやこ町条例第63号)第5条各号に規定する選定基準に照らし総合的に判断し、指定管理者の候補者として選定できる。

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設等の維持管理に関する業務

(2) 前号に掲げるもののほか、施設等の運営に関する事務のうち、町長の権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者が施設等の管理を行う期間は、指定を受けた日から起算して5年間とする。ただし、再指定を妨げない。

(賃貸料)

第6条 施設等の賃貸料は、別途指定管理者と協議し決定するものとする。

(損害賠償義務)

第7条 利用者は、故意又は過失により施設等を損壊し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を町に賠償しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第8条 第3条の規定により施設の管理を指定管理者に行わせるとしたときは、第7条の規定により町長が行うとされている損害賠償に係る事項については、この規定にかかわらず、指定管理者が行うものとする。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成22年9月22日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

農機具倉庫

施設等の名称

所在地

祓郷地区農機具倉庫

みやこ町呰見1212番地2

節丸地区農機具倉庫

みやこ町光冨824番地

みやこ町水稲・麦・大豆等振興施設条例

平成18年3月20日 条例第161号

(平成22年9月22日施行)