○みやこ町経営構造対策施設条例

平成18年3月20日

条例第158号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、みやこ町の農業振興を図るため、みやこ町農業振興施設(以下「経営構造対策施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 経営構造対策施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

みやこ町新規就農者研修施設(以下「研修施設」という。)

みやこ町勝山上田899番地1

みやこ町農業支援施設(以下「支援施設」という。)

みやこ町勝山上田899番地1

(指定管理者による管理)

第3条 経営構造対策施設の管理は、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 経営構造対策施設の利用の許可に関する業務

(2) 経営構造対策施設の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、経営構造対策施設の運営に関する事務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者が経営構造対策施設の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年の間とする。ただし、再指定を妨げない。

(使用料及び使用料の減免)

第6条 研修施設及び支援施設(格納庫)の使用料は、無料とする。

2 支援施設(農業機械)の使用料は、別に定める。

3 支援施設(農業機械)の使用料は、特別な理由があると認めたときは、減額し、又は免除することができる。

附 則

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

みやこ町経営構造対策施設条例

平成18年3月20日 条例第158号

(平成18年3月20日施行)