○みやこ町小規模農林業用施設等整備事業補助金交付規程

平成18年3月20日

告示第73号

(趣旨)

第1条 町長は、農林業基盤の整備を図り、農林業経営を合理化して農林業生産力を高めるために農林家等(以下「事業者」という。)が共同施工で行う小規模農林業用施設等整備事業(以下「事業」という。)に要する経費について当該事業者に対し予算の範囲内において補助金を交付する。ただし、応急的に実施が必要と認められる場合を除いて、原則として、ほ場整備等の計画されている地域は除くものとする。

(補助対象事業及び補助金の額)

第2条 補助金の対象となる事業、採択基準、交付要件及び補助率は、別表に掲げるとおりとする。ただし、町長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

2 補助金の額は、前項の規定により算出した額とする。この場合において、当該額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切捨てた額とする。

(補助金の交付申請)

第3条 事業者が補助金の交付を受けようとするときは、実施関係区長(以下「申請者」という。)は、小規模農林業用施設等整備事業補助金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 工事計画(変更)図書(位置図、字図、横断図、構造図及び見積書)

(2) その他町長が必要と認める書類

(補助金の交付決定等)

第4条 町長は、前条の申請書を受理したときは、内容を審査し速やかに補助金交付の可否を決定するものとする。

2 町長は、前項の規定により補助金交付の可否を決定したときは、小規模農林業用施設等整備事業補助金交付承認(変更)通知書(様式第2号)又は小規模農林業用施設等整備事業補助金交付不承認通知書(様式第3号)により、申請者に通知するものとする。

(事業の施工)

第5条 前条第2項の規定による常任(以下「補助金交付承認」という。)の通知を受けた申請者は、速やかに事業に着手しなければならない。

(事業の変更)

第6条 申請者が、補助金交付承認の通知を受けた後、事業の内容を変更しようとする場合は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。ただし、軽微な変更で町長が認めた場合は、この限りではない。

2 第3条及び第4条第2項の規定は、前項の場合に準用する。

(完了届の提出)

第7条 申請者は、事業が完了したときは、小規模農林業用施設等整備事業完了届(様式第4号)に工事写真を添えて速やかに提出しなければならない。

(完了検査)

第8条 町長は、申請者より事業完了の届出を受理したときは、速やかに事業完了検査を行うものとする。

2 町長は、前項の事業完了検査の結果、補助金交付承認の内容に適合していないと認められるときは、申請者に対し当該工事の手直しを命ずることができる。

(補助金の交付)

第9条 補助金は、前条の事業完了検査の結果、補助金交付承認の内容に適合していると認めたときは、申請者に対し補助金を交付するものとする。

2 町長は、前項の規定により補助金を交付する場合は、小規模農林業用施設等整備事業補助金交付確定通知書(様式第5号)により、申請者に通知するものとする。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、本事業の実施のために必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(平成24年4月1日から平成27年3月31日までにおける補助対象事業の特例措置)

2 平成24年4月1日から平成27年3月31日までにおける補助金の対象となる事業、採択基準、交付要件及び補助率は、別表の規定にかかわらず、次のとおりとする。

事業名

工種

補助対象経費

補助率

採択基準

摘要

小規模農林業用施設等整備事業

1

かんがい排水

農業用用排水施設の新設、改良、維持、修繕工事及び用排水路に関する工事に要する経費

工事費の50%又は原材料費に相当する経費の100%

*工事費については上限50万円、原材料費については上限10万円

○受益戸数が2戸以上であるもの



2

農道

農道の新設又は改良に要する経費




(1) 新設

工事費の50%

*上限50万円

○延長50m以上

○幅員3m以上

○受益戸数が2戸以上かつ受益面積がおおむね30a以上であるもの

(2) 改良

工事費の50%

*上限30万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの

(3) 維持修繕工事又は応急工事

材料費に相当する経費及び機械借上料に相当する経費の100%

*上限30万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの

3

ため池

農業用ため池の機能回復を促進するための事業に要する経費




(1) 改修

工事費の90%

*上限150万円

○受益戸数が2戸以上であるもの

(2) しゅんせつ工事又は維持修繕工事

材料費に相当する経費及び機械借上料に相当する経費の100%

*上限150万円

○受益戸数が2戸以上であるもの


4

林道、作業道又は

竹林作業道

既設の林道、作業道又は竹林作業道の維持、修繕等に要する経費

材料費に相当する経費及び機械の借上料に相当する経費の100%

*上限30万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの


5

せきゲート

農業用の井せき、又はゲートの改良、修繕等に要する経費




(1) 受益面積が1ha以上のもの

工事費の90%又は原材料費に相当する経費の100%

*上限150万円

○受益面積が1ha以上であるもの

○受益戸数が2戸以上であるもの

(2) 受益面積が1ha未満のもの

工事費の50%又は原材料費に相当する経費の100%

*上限50万円

○受益戸数が1ha未満のもの

○受益戸数が2戸以上であるもの

附 則(平成24年3月2日告示第9号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日告示第19号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

事業名

工種

補助対象

補助率

採択基準

摘要

小規模農林業用施設等整備事業

1

かんがい排水

農業用用排水施設の新設、改良、維持、修繕工事及び用排水路に関する工事に要する経費

工事費の50%又は材料費に相当する経費の100%

*工事費については上限50万円、材料費については上限30万円

○受益戸数が2戸以上であるもの


2

農道

農道の新設又は改良に要する経費




(1) 新設

工事費の50%

*上限50万円

○延長50m以上

○幅員3m以上

○受益戸数が2戸以上かつ受益面積がおおむね30a以上であるもの

(2) 改良

工事費の50%

*上限50万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの

(3) 修繕工事又は応急工事

材料費に相当する経費及び機械借上料に相当する経費の100%

*上限30万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの

3

ため池

農業用ため池の機能回復を促進するための事業に要する経費




(1) 改修

工事費の90%又は材料費に相当する経費の100%

*工事費については上限150万円、材料費については上限30万円

○受益戸数が2戸以上であるもの

(2) しゅんせつ

工事費の90%又は材料費に相当する経費及び機械借上料に相当する経費の100%

*上限100万円

○受益戸数が2戸以上であるもの


4

林道、作業道又は竹林作業道

既設の林道、作業道又は竹林作業道の修繕等に要する経費

材料費に相当する経費及び機械の借上料に相当する経費の100%

*上限30万円

○幅員1.2m以上

○受益戸数が2戸以上であるもの


5

せき

ゲート

農業用の井堰又はゲート(井堰、ゲートともに護岸を含む。)の改良、修繕等に要する経費




(1) 受益面積が1ha以上のもの

工事費の90%又は材料費に相当する経費の100%

*上限150万円

○受益面積が1ha以上であるもの

○受益戸数が2戸以上であるもの

○護岸に関しては井堰又はゲートより上流10m、下流15m以内であるもの

(2) 受益面積が1ha未満のもの

工事費の90%又は材料費に相当する経費の100%

*上限50万円

○受益面積が1ha未満のもの

○受益戸数が2戸以上であるもの

○護岸に関しては井堰、ゲートより上流10m、下流15m以内であるもの

(3) しゅんせつ

工事費の90%又は材料費に相当する経費及び機械借上料に相当する経費の100%

*上限50万円

○受益戸数が2戸以上であるもの

○井堰、ゲートより上流10m、下流15m以内であるもの

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町小規模農林業用施設等整備事業補助金交付規程

平成18年3月20日 告示第73号

(平成27年4月1日施行)