○みやこ町認定農業者等補助金交付要綱

平成18年3月20日

告示第69号

(趣旨)

第1条 農業を取り巻く環境が変わり、従来の農業振興政策では、厳しい情勢を乗り切れない状況にある。農業者自らが考え行動することが、今後の農業経営では欠かすことができない絶対条件である。この告示は、みやこ町補助金等交付規則(平成18年みやこ町規則第43号)に基づき、認定農業者や営農組織等(以下「認定農業者等」という。)が組織を設立し、自ら考え行動することによりみやこ町の農業振興に関する活動を行う場合、これに対し、町が予算の範囲内で補助金を交付するため必要な事項を定めるものとする。

(補助金の額)

第2条 補助金の額は、予算計上された額の範囲内とする。補助金額は、前年度実績及び事業年度計画によって決定する。

(補助金対象活動等)

第3条 補助金の対象となる活動は、認定農業者等が農業振興に資するために行う自ら計画した視察、研修会、講演会、交流会等とする。

2 補助対象経費としては、国、県において通常認められる報償費、旅費、消耗品費、委託料及び使用料とし、原則として食料費及び備品購入費は、補助対象外とする。ただし、特に必要な場合として町長の承認を得ている場合は除く。

(補助金の交付申請)

第4条 認定農業者等の代表者は、町が必要と認める書類を添付して、当該年度の6月15日までに、町長に認定農業者等補助金交付申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

(補助金の交付決定通知)

第5条 町長は、前条に規定する申請書を受理した場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、必要な条件を付し、速やかに認定農業者等補助金交付決定通知(様式第2号)により通知するものとする。ただし、予算計上されていない場合は、予算計上後、通知するものとする。

(補助金の請求等)

第6条 前条の通知を受けた認定農業者等の代表者は、補助金の交付を受けようとするときは、認定農業者等補助金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の補助金交付請求書を受理した場合は、30日以内に補助金を交付するものとする。

(実績報告)

第7条 認定農業者等の代表者は、毎年4月末日までに認定農業者等補助金実績報告書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(指導監査)

第8条 町長は、必要に応じて検査し、指示を行い、又は報告を受けることができる。

(補助金の中止及び廃止)

第9条 認定農業者等の代表者は、不可抗力により、農業の振興に関する活動ができなくなった場合、認定農業者等補助金中止及び廃止申出書(様式第5号)を提出しなければならない。

(補助金の取消し等)

第10条 町長は、第3条に違反すると認めたときは、補助金交付決定を取り消し、又は変更することができる。

2 町長は、補助金の交付の決定を取り消した場合において、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて、その返還を命ずることができる。

(関係書類の保管)

第11条 認定農業者等の代表者は、補助金に係る収入支出の帳簿や関係書類を整備し、5年間保管しなければならない。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成18年3月20日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町認定農業者等補助金交付要綱

平成18年3月20日 告示第69号

(平成18年3月20日施行)