○みやこ町農業委員会規則

平成18年3月20日

農業委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、法令その他に定めがあるもののほか、みやこ町農業委員会(以下「農業委員会」という。)の適正かつ円滑なる運営を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 農業委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。

(1) 農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第7条第1項の規定に基づくみやこ町農業委員会委員定数条例(平成18年みやこ町条例第151号)で定められた選挙による委員

(2) 法第12条第1号の規定に基づき町長が選任した委員

(3) 法第12条第2号の規定に基づき町長が選任した委員

(会長の互選)

第3条 会長の互選は、農業委員会の委員の一般選挙後最初に開催される農業委員会の総会において行う。

2 会長が欠けたときの後任会長の互選は、その欠けた日から起算して10日以内に行わなければならない。

(会長の任期)

第4条 会長の任期は、委員の在任期間とする。

2 前条第2項の規定により選任された会長の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長の職務代理者)

第5条 会長が欠けたとき、又は会長に事故があるときは、委員の互選によって選任された委員がその職務を代理する。

2 第3条の規定は、会長の職務を代理する委員の互選について準用する。

(会長の職務代理者の任期)

第6条 第4条の規定は、会長の職務を代理する委員に準用する。

(会長の専決)

第7条 会長は、次に掲げる事項を専決することができる。

(1) 農業委員会の通常事務の処理に関すること。

(2) 職員の給与、服務その他身分取扱(分限懲戒処分を除く。)に関すること。

(3) 非常災害その他やむを得ない事情のため、会議を招集する暇がないときで緊急を要すること。

(4) 会長は、前号に規定する事項について専決処分をしたときは、処分後最初に開かれる会議に報告しなければならない。

(選挙)

第8条 農業委員会で行う選挙の方法及び手続については、別に定める。

(会議)

第9条 農業委員会の総会の会議に関し必要な事項は、別に定める。

(所掌事務)

第10条 農業委員会は、法第6条第1項各号に掲げる事務を処理し、同条第2項各号及び第3項に掲げる事項についての事務を行うことができる。

(参与)

第10条の2 農業委員会の運営を円滑ならしめるため農業委員会に参与を置くことができる。

(参与の委嘱)

第10条の3 参与の委嘱及び定数は、会長が農業委員会に諮って定める。

(事務局の設置)

第11条 農業委員会の事務を処理するため、農業委員会に事務局を置く。

2 事務局の組織、処務等については、別に定める。

(職員)

第12条 事務局の職員の定数は、みやこ町職員定数条例(平成18年みやこ町条例第28号)の定めるところによる。

第13条 事務局の職員の給与、服務その他身分取扱いについては、みやこ町職員の例による。

(公示)

第14条 農業委員会の行う告示又は公表の方法は、みやこ町公告式条例(平成18年みやこ町条例第3号)の定めるところによる。

(公印)

第15条 農業委員会の公印の種類、大きさ等は、次のとおりとし、その取扱いについては、みやこ町公印規則(平成18年みやこ町規則第13号)の例による。

公印の種類

書体

寸法

m/m

使用区分

保管者

個数

農業委員会印

てん書

方18

令及び委員会名をもって発する文書

事務局長

1

農業委員会長印

方18

会長名をもって発する文書

1

契印

縦30

横15

文書の契印

1

(身分を示す証票)

第16条 委員及び職員が、所掌事務を行うため、立入調査をするときの身分を示す証票を次のとおり定める。

附 則

この規則は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成26年4月1日農委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(この規則の失効)

2 この規則は、平成27年3月31日限りで、その効力を失う。

画像

みやこ町農業委員会規則

平成18年3月20日 農業委員会規則第1号

(平成26年4月1日施行)