○みやこ町人と犬・ねこの共生に関する条例

平成18年3月20日

条例第145号

(目的)

第1条 この条例は、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)に基づき、人と犬・ねことのより良い共生社会の形成に関し必要な事項を定め、町、町民、飼い主の三者が協力し合うことによって、犬・ねこの健康と安全の確保及び犬・ねこによる人の生命、身体、財産に対する侵害の防止並びに町民の良好な生活環境の維持、環境美化の促進に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 飼い犬・ねこ 飼養管理されている犬・ねこをいう。

(2) 飼い主 飼い犬・ねこを所有又は飼養管理している者をいう。

(町の責務)

第3条 町は、第1条の目的を達成するための知識の普及及び必要な施策を策定し、これを実施するものとする。

(町民の責務)

第4条 町民は、人と犬・ねこの共生について理解を深め、町が行う施策に協力するものとする。

(飼い主の責務)

第5条 飼い主は、次の各号を遵守しなければならない。

(1) 飼い主は、飼い犬・ねこを適正に飼養し、健康及び安全を保持するよう努めるとともに、飼い犬・ねこが人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人に迷惑を及ぼすことのないよう適正に管理しなければならない。

(2) 飼い主は、飼い犬・ねこを終生愛情と責任を持って飼養するよう努めなければならない。ただし、やむを得ず飼い犬・ねこを飼養することができなくなった場合は、新たな飼い主等を見つけるよう努めなければならない。

(3) 飼い主は、飼い犬・ねこが道路、公園、広場その他の公共の場所及び他人の土地、建物等を汚物で汚し、又は損傷しないように措置を講じなければならない。

(4) 飼い主は、飼い犬を外へ連れ出すときは、犬を制御できる者が必ず引き綱又はくさり等でつなぎ行わなければならない。また、ふんを処理するための用具を携帯し、飼い犬がふんを排せつした場合は直に回収し持ち帰らなければならない。

(5) 飼い主は、飼い犬を常に自由に動けないようつないでおかなければならない。ただし、警察犬、狩猟犬、盲導犬等をその目的のために使用する場合はこの限りでない。

(指導及び勧告)

第6条 町長は、飼い主等が前条の規定に違反していると認めたときは、当該飼い主等に対して、必要な措置を講ずるよう指導を行い、これに従わないときは、必要な是正勧告を行うことができる。

2 前項の指導は、口頭により、勧告は、人と犬・ねこの共生に関する是正勧告書(様式第1号)により行うものとする。

3 町長は、前項の指導を行わせるため、指導員を置くことができる。

(是正命令)

第7条 町長は、前条の規定による是正勧告を受けた飼い主等が、正当な理由がなく勧告に従わないときは、当該飼い主等に対し期限を定めてその勧告に従うよう是正命令を行うことができる。

2 前項の命令は、人と犬・ねこの共生に関する勧告を履行させるための是正命令書(様式第2号)により行うものとする。

(罰則)

第8条 前条の規定による是正命令に違反した者は、5万円以下の罰金に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の人と犬・ねこの共生に関する条例(平成17年犀川町条例第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

みやこ町人と犬・ねこの共生に関する条例

平成18年3月20日 条例第145号

(平成18年3月20日施行)