○みやこ町犬の危害防止規則

平成18年3月20日

規則第88号

(目的)

第1条 この規則は、人の生命、身体又は財産に対する犬の危害防止に関し必要な事項を定めることにより、住民の社会生活の安全を確保するとともに公衆衛生の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「畜犬」とは、所有者又は管理者(以下「飼い主」という。)の所有又は管理する犬をいう。また「野犬」とは、畜犬以外の犬をいう。

(飼い主の義務)

第3条 飼い主は、畜犬が人の生命、身体又は財産に対して危害を加えることのないように飼育し、管理するとともに、町が実施する犬の危害防止に関する施策に積極的に協力しなければならない。

(捨て犬の禁止)

第4条 飼い主は、畜犬を捨ててはならない。

2 飼い主は、畜犬が不用になったときは、速やかに町長に引き渡さなければならない。

(飼犬のけい留)

第5条 飼い主は、畜犬を人の生命、身体又は財産に危害を加えることのない方法でけい留しなければならない。ただし、畜犬を用途に従って使用するときは、この限りでない。

(犬の被害届出)

第6条 畜犬が、人の生命、身体又は財産に対して害を加えたときは、その飼い主は直ちに被害が生じないように処置を講じ、町長に加害状況を届出しなければならない。

2 畜犬又は野犬により危害を加えられたときは、その被害者又は代理人は速やかに町長に届出しなければならない。

(加害犬に対する処分)

第7条 町長は、人の生命、身体又は財産に害を加えた畜犬の飼い主に対し、危害防止のために必要な処置を命ずることができる。

(捕獲器具の貸与)

第8条 町長は、野犬の捕獲のために捕獲器を野犬捕獲器貸与申請書(様式第1号)により貸与することができる。

2 前項により捕獲器の貸与を受けようとする者は、駐在員とする。ただし、緊急を要するときは、この限りでない。

3 前項により捕獲器を貸与するときは、野犬捕獲器貸与許可書(様式第2号)により貸与する。

(その他)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の勝山町犬の危害防止規則(平成4年勝山町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

みやこ町犬の危害防止規則

平成18年3月20日 規則第88号

(平成18年3月20日施行)