○みやこ町ボランティア育成施設規則

平成18年3月20日

規則第58号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町ボランティア育成施設条例(平成18年みやこ町条例第118号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間及び休館日)

第2条 みやこ町ボランティア育成施設(以下「育成施設」という。)の開館時間及び休館日は、次の表のとおりとする。ただし、町長が必要と認めるときは、変更することができる。

開館時間

休館日

午前8時30分から午後5時まで

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(利用者の範囲)

第3条 育成施設を利用できる者は、次に掲げる団体に所属する者とする。

(1) ボランティア団体

(2) ボランティア育成を行う社会福祉団体

(3) その他町長が必要と認める団体

(利用の申請)

第4条 育成施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめボランティア育成施設利用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長が必要と認める場合、利用者は、活動状況等を把握できる資料を提出しなければならない。

(利用の許可)

第5条 町長は、前条の申請者に対し利用の許可をしたときは、ボランティア育成施設利用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(管理運営)

第6条 育成施設の運営管理を行う者は、ボランティア育成施設利用状況台帳(様式第3号)を整備しなければならない。

(利用者の遵守事項)

第7条 利用者は、利用に際し関係職員の指示に従うとともに、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 育成施設の利用終了後、原状回復をすること。

(2) 特別な施設、器具を施し、又は造作を加えようとするときは、事前に許可を受けること。

(3) 施設備品等を損傷又は紛失したときは、実費相当分を弁償すること。

(4) 定められた以外の場所で火気の使用又は喫煙を行わないこと。

(5) 壁、柱等に張り紙、くぎ打ち等を行わないこと。

(6) あらかじめ許可を受けた物以外の物品を展示し、販売し、又は持ち込まないこと。

(7) 酒類の持込みや育成施設内の飲酒を行わないこと。

(8) 許可を受けた育成施設及び育成施設器具以外の物を利用しないこと。

(補償)

第8条 利用中建物若しくは附属設備を破損したり、又は滅失したときは、直ちに破損(滅失)届(様式第4号)により町長に届け出なければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の豊津町ボランティア育成施設の設置及び運営管理に関する条例施行規則(平成13年豊津町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

みやこ町ボランティア育成施設規則

平成18年3月20日 規則第58号

(平成18年3月20日施行)