○みやこ町ボランティア育成施設条例

平成18年3月20日

条例第118号

(設置)

第1条 町民の福祉と健康の増進をめざすボランティア育成のため、みやこ町ボランティア育成施設(以下「育成施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 育成施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 みやこ町ボランティア育成施設

(2) 位置 みやこ町豊津2174番地10

(事業)

第3条 育成施設は、次に掲げる事業を行う。

(1) ボランティア育成に関すること。

(2) ボランティア団体等及び社会福祉団体に福祉活動の場所としての提供に関すること。

(3) その他育成施設の設置目的を達成するために必要な事業に関すること。

(職員)

第4条 町長は、育成施設に必要な職員を置くことができる。

(休館日)

第5条 育成施設の休館日は、規則で定めるものとする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを変更し、又臨時に休館することができる。

(利用の許可)

第6条 育成施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、育成施設の管理に必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付けることができる。

(使用料)

第7条 使用料は、無料とする。

(育成施設入館の制限)

第8条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認められる者については、育成施設入館を拒み、又は退去を命ずることができる。

(1) 他人に迷惑をかけ、又は施設を損傷するおそれがあると認められる者

(2) 管理上の指示又は指導に従わない者

(利用の不許可)

第9条 町長は、次に該当する場合は、利用の許可をしないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 育成施設の運営に支障があると認められるとき。

(3) 営利目的のために使用すると認められるとき。

(4) 建物又は附属設備を破損したり滅失のおそれがあると認められるとき。

(5) 第3条に該当しないとき。

(利用目的の変更等の禁止)

第10条 利用者は、利用の目的を許可なく変更し、又は権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(損害賠償)

第11条 育成施設の利用者は、その責めに帰すべき理由により育成施設又は附属設備等を破損し、若しくは滅失したときは、これを修理し、又はその損害を賠償しなければならない。

(管理運営)

第12条 育成施設の管理運営は、町長が行う。

2 育成施設は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(指定管理者による管理)

第13条 育成施設の管理は、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第14条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 育成施設の利用の許可に関する業務

(2) 育成施設の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、育成施設の運営に関する事務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く業務

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項については、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の豊津町ボランティア育成施設の設置及び運営管理に関する条例(平成13年豊津町条例第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年12月25日条例第48号)

この条例は、公布の日から施行する。

みやこ町ボランティア育成施設条例

平成18年3月20日 条例第118号

(平成20年12月25日施行)